気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

シシドカフカの彼氏は?本名や大学は?書道が得意?

スポンサードリンク
Pocket

シシドカフカ……えっ、変身?と思ったのですが、調べてみると日本人でした(笑)しかも、この方、テレビで見たことがある!へえ、あの美人さんはシシドカフカっていう名前(芸名?)なのかあ……変わった名前だな(;^ω^)

 

 

私はCMで見たことがあるだけなので、美人だしスタイルもいいからモデルさんなのかな?それとも女優さん??と思っていたのですが、意外や意外、本業は、というか元々はドラマーでした。あの細っこい身体でドラムを叩くの( ゚Д゚)折れちゃいそうですが、大丈夫なんでしょうか。

 

 

と、余計なお節介はこのへんにして、今回はシシドカフカの彼氏や本名、大学などについて調べてみました。

 

 

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

シシドカフカの経歴は?


私は、この方について全く何も知らないので(ごめんなさいね(^^;))、まずは経歴から調べてみましょう。

画像①

シシドカフカは1985年6月23日生まれ、ということは2017年1月現在は31歳ですね。メキシコ生まれ、小学校までは日本で育ちましたが、12歳のときに両親の仕事の都合でアルゼンチンへ。アルゼンチンには2年間暮らしたそうですが、アルゼンチンの言葉が分からず、辛い学生生活を送ったそうです。

 

 

アルゼンチンって、アルゼンチン語?スペイン語とか??英語ではなさそうですね。たしかに言葉の壁は高そうだわ(´・ω・`)

 

アルゼンチンでの辛い学生生活の中で、シシドカフカはドラムに出会います。14歳のとき、両親がシシドカフカにサイレントドラムをプレゼント、さらに、プロドラマーのダニエル・ピピ・ピアソラにドラムを、スティックの持ち方から習うという幸運もあり、シシドカフカはドラムにのめり込みました。

帰国後、高校生でバンド活動を開始します。

 

 

19歳のとき、ガールズバンドTHE NEWSに3代目ドラマーとして加入、これがシシドカフカにとってのプロドラマーデビューとなりました。

 

 

20歳でロックボーカルのオーディションに応募、そこで、ドラマー大島賢治と音楽プロデューサー平出悟に才能を見出され、ボーカルとして活動開始。ただ、最初のうちはうまくいかなかったようですね。暗中模索を続けていた頃、ためしにドラムを叩きながら歌ってみたところ、これがシシドカフカにとってとてもしっくりきたそう、これ以後はドラムを叩きながら歌うというスタイルを確立しました。ドラムを叩きながら歌うというと、石原裕次郎を思い出しますね( *´艸`)

 

 

ドラマーシシドカフカはこのようにして生まれたわけですが、シシドカフカにはもう一つの顔があります。それが女優やモデルです。身長175cmという日本人離れした(私はシシドカフカはハーフなのかなと思っていたのですが、両親ともに日本人だそうです。)スタイルと黒髪が印象的なエキゾチックな美貌……あの顔とスタイルがあれば、そりゃあ、モデルでも女優でも何でもできますよね。

 

 

シシドカフカの認知度が高まったのは、2013年に放送された江崎グリコのCMだと思います。私も、シシドカフカという名前は知りませんでしたが、「プリッツのCMの女性」と言われると、「ああ、あのCMの!」と思い出すことができました。それくらい、印象に残るCMでしたよね。

 

 

 

翌年の2014年にはドラマ「ファーストクラス」で女優デビュー。ファーストクラスといえば、沢尻エリカが主演したことで話題になりました……って、あのドラマ、もう3年も前なの!?ついこの前、放送されていた気がしたんだけどなあ、時が経つのは早いですね。最近は特にそう思います。あのドラマは沢尻エリカをはじめ、強烈な女優陣で話題になりましたが、あの中にシシドカフカも入っていたのですね。シシドカフカもなかなかの迫力ですから(美人なだけにね)、ドラマのイメージにはぴったり合っていたのでは?私はこのドラマを見ていないので、演技力がどうだったのかは知りませんが、ビジュアル的には沢尻エリカには負けない迫力です。

 

 

シシドカフカは他に、

・新堂本兄弟のレギュラー

・オールナイトニッポンのメインパーソナリティ

・ソニーのウォークマンやヘッドホンのCM

などに出演、活躍の場をどんどん広げています。

 

 

ドラマーやミュージシャンの顔、そしてモデルや女優としての顔、どちらもあわせもつシシドカフカ、どちらの顔も魅力的ですね(*´▽`*)私は、ドラマーシシドカフカは知りませんでした。世間的にはどうなのかな?女優やモデルのイメージの方が強いかもしれませんね。私みたいに、シシドカフカがドラムを叩いているのを見たことがないという人も多いのでは?と思います。おそらく、今もドラマーが本業なのだと思うので、シシドカフカのドラム、きちんと聞いてみたいですね。音楽的才能皆無でタンバリン一つまともに叩けない私からすると、両手両足をばらばらに動かすことができるというだけでドラムを叩ける方はすごい!シシドカフカが長い手足をフルに使ってドラムを叩く姿はとてもかっこいんだろうなあ(´艸`*)

 

シシドカフカの本名は?


シシドカフカ、私は初めて聞いたとき「虫に変身するやつ?」と思ってしまいました(笑)虫に変身するのは別のカフカでしたね。

 

 

シシドカフカは芸名です。日本人離れした容貌なので、「シシドカフカはハーフか外人かで、カフカは本名では?」と勘違いしてしまいそうですが、上記の通り、シシドカフカは日本人!カフカは本名ではありません。本名は「宍戸佑名(ししどゆうな)」です。意外と普通の名前ですね。

 

 

「カフカ」という変わった芸名は、コピーライターの渡辺潤平の命名で、カフカはチェコ語で「コクマルカラス」のことだそうです。カラス……?それになぜにチェコ語??

 

 

まあ、シシドカフカといえばあの長くて美しい黒髪が印象的ですし、黒っぽい服を着ることが多いらしいので、そこからのイメージなのかなと思います。ただ、なぜチェコ語?シシドカフカとチェコのつながりといえば、例のプリッツのCMがチェコの世界遺産ストラホフ修道院で撮影されたという情報がありましたが、それは「カフカ」命名に関係しているのかな?それとも全く関係ないのかな。ちょっと分からないですね。

 

シシドカフカの大学は?


中学時代はアルゼンチンで過ごしたシシドカフカですが、その後日本に帰国、高校からは日本の高校に通っています。ただ、出身高校や出身大学は公表されていないので、どこの高校や大学を卒業したのかは分かりません。出身大学については、高円寺付近の大学という情報がありました。高円寺付近の大学というと、候補がこちら。

・女子美術大学

・帝京平成大学

・明治大学

 

 

このうち、明治大学なのでは?という推測がネットでは多かったですね。知的なイメージがあるからかな。音楽の才能や、後でご紹介する書道の腕前からすると、女子美術大学というのもありそう……まあ、私は女子美術大学がどんな大学か知らない(絵の学校?それとも音楽??)ので、イメージで言っているだけですが(笑)いずれにせよ、高校・大学は日本の学校を卒業しているということはたしかです。

 

 

高校時代からバンド活動を始めたシシドカフカですが、大学時代には一番多いときで8つのバンドを掛け持ちしていたそうです。8つは大変!日替わりでそれぞれのバンドに参加しても、一週間で回せない( ゚Д゚)アマチュアバンドでは、ドラマーが人材不足で、上手なドラマーはバンド間で奪い合いになるという話を聞いたことがありますが、シシドカフカもそんな感じだったのかな。たしかに、プロデビューするほどのドラムの腕前で、しかもあの華のある容貌、そりゃあ、どこのバンドもほしいですよね。「よそのバンドに渡してたまるか」という感じ?きっと、アマチュア時代からライブにはシシドカフカ目当ての客もいたでしょうしね。高校から大学にかけて色々なバンドでドラムを叩く経験をしたことは、シシドカフカがプロドラマーになるうえで大きな経験や糧になったのでは、と思います。

 

シシドカフカに彼氏はいるの?


あんなに美人で、多才なシシドカフカ、とても魅力的な女性ですし年齢も31歳なので、恋愛どころか結婚していてもおかしくない!と思って調べてみたところ、意外にも、これまで熱愛スキャンダルはおろか、恋人の噂も全くありませんでした。ええっ、あんなに美人なのに、どうして!?ちょっとびっくりですね。恋愛よりも音楽や仕事を優先したいタイプなのかな?遅咲きを自認しているとのことなので、「まだ恋愛よりも音楽を追及する時期」と考えているのかもしれませんね。モテないことは100%ないはずなので、いずれ、すてきな男性との熱愛スクープが出てくるのではと思います。

 

 

ちなみに、シシドカフカの好きな男性のタイプは「引っ張っていってくれる男性」だそう、あれ、ちょっと意外だな。シシドカフカは恋愛しても「男には頼らない、男に指図されたくない」というタイプの女性かと思っていました(見た目もそんな感じだし、帰国子女だしね)が、意外と女の子らしいのですね。でも、175cmのシシドカフカ、パワフルにドラムを叩き鳴らすシシドカフカを引っ張って行く男性というと……日本で見つかるかな(´・ω・`)なかなか見つかりそうにありませんね。シシドカフカに恋愛スキャンダルや恋人の噂が全くないのは、もしかしたら理想の男性に巡り会えないからかも。

 

シシドカフカは書道が上手?


音楽にモデルに、演技にと多くの才能を持っているシシドカフカですが、さらにもう一つ、書道も上手という情報が!!これはまた唐突な特技ですね(; ・`д・´)ということで、噂の真相をさっそく調べてみましょう。

 

 

シシドカフカは書道が得意いう情報は本当でした。それも単なる趣味レベルにあらす!書道家の久保田吟水に師事し、雑誌「BARFOUT!」に書道の連載を持っていたこともあります……なんて、書いていますが、私、久保田吟水もBARFOUT!も知りません(;´∀`)教養・素養がないってだめですね、「すごいだろ」と言われてもどのくらいすごいのか、ちんぷんかんふんです。なので、シシドカフカの作品を見て、どのくらいすごいのかを理解しましょう。こちらが、シシドカフカの書道です。

画像④

……ごめんなさい、私、教養だけでなくセンスもなかったわ(´・ω・`)でも、すごいということは、なんとなくわかりました……嘘です。

 

まとめ

以上が、シシドカフカの彼氏や本名、大学などについてでした。

 

 

今のところ、シシドカフカに恋愛スキャンダルの予感はありません。ネット上でも噂が全くないところを見ると、デートの目撃情報もないのでしょう。街中を175cmの超絶美人が歩いていたら、「シシドカフカ」という名前は知らなくても振り返って見たくなるものですし、後になって「ああ、この前の美人さんはシシドカフカっていうのか。そういえば隣に男性もいたような」ということもあると思うので、目撃情報すらないということはやっぱり彼氏はいないのだと思います。とても才能あふれる女性ですし、大人の魅力もある方なので、彼氏を作ろうと思えばすぐに作れると思うのですが、今はあまり恋愛に気持ちが向いていないのかな。それとも、ある日いきなり「シシドカフカが電撃結婚!お相手は○○!!」なんてニュースが飛び込んでくるパターンかな。まあ、それでもよいですけどね。

 

 

今後、シシドカフカは何を本業にして芸能活動をするつもりなのかな。テレビ映えするから女優やタレント?それとも長身を生かしてモデル??基本に立ち返ってドラムを極めるのもよいですよね。どの場所で活動するにしても、才能溢れる方なので、今後ますます活躍することは間違いなさそうです。これからはテレビで見る機会も増えるかもしれません。ということで、今後のシシドカフカの活躍に期待しつつ、とりあえずはYoutubeでシシドカフカのドラムを見てこようと思います。まだ、見ていなかったんかいって感じですよね。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!してください♪

Twitter で
Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード