気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

香川照之が離婚!元CAの嫁さんと何が原因で?

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件ww

PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!
スポンサードリンク
Pocket

怪優という肩書きがぴったりで、TBSドラマで『半沢直樹』では、日本人すべてから嫌われる大和田常務という役を演じきり、その迫力に観ている視聴者を圧倒した俳優香川照之さん。あの役を演じる切ることができたのは香川照之さんしかいないであろう、と言われるヒール役でした。

 

主役喰いの役者としても有名で、香川照之さんと仕事をすることを恐れている俳優もいるとさえされます。この役者を知らない日本人はいないであろう、超有名俳優です。

 

ところが、先ごろ、この俳優の香川照之さんの離婚会見が行われました。あまりに突然のことで、皆さんも驚かされたことでしょう。今回は、香川照之さんの離婚についてまとめてみたいと思います。

 

仕事は順調で、順風満帆のように見えていましたが、プライベートでは大変だったのでしょうか?香川照之さんの仕事のこと、プライベートのことなどをまとめながら、今回の離婚についても調べてみたいと思います。

 

では、最後までお読みいただいて、お楽しみください。

 

 

香川照之さんプロフィール


では、まずは香川照之さんのプロフィールからご覧いただきましょう。香川さんは、俳優として有名ですが、実は歌舞伎役者としても活動しています。そのあたりをまとめてみました。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

本名:香川照之

別名義:九代目市川中車

生年月日:1965年12月7日

血液型:AB型

出身:東京都

身長:171cm

職業:俳優

ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台

活動:1989~

著名な家族:父 二代目市川猿翁、母 浜木綿子、長男 五代目市川團子、従弟 四代目市川猿之助

事務所:ロータス・ルーツ

 

香川照之さんは、1989年に、NHK大河ドラマ『春日局』での小早川秀秋役で俳優デビューしました。そして、『静かなるドン』シリーズも代表作として有名ですね。前述でもありましたが、TBSドラマ『半沢直樹』での大和田常務役で大ブレイクし、社会現象のようにもなりました。もちろん主演の半沢直樹を演じた堺雅人さんの迫力もありましたが、ここまでテレビドラマで嫌われ役が話題になった番組も珍しいです。

 

また、そのキャラクターのまま『妖怪ウォッチ』の3DSゲームのCMに出演し、子供たちにも香川照之さんの存在に対して、とても怖い、会社の上司という役が刷り込まれました。2011年からは、九代目市川中車を襲名し、歌舞伎俳優としてデビューしました。こうして、俳優業では『香川照之』、歌舞伎では『市川中車』として活動することになります。

 

 

また、本人は隠しているようですが、実は東京大学出身なのです。すごいですよね。東大ですよ、東大!しかも、「今でしょ!」の林修さんが同期だそうです。香川照之さんは、あえて東大卒、浜木綿子の息子など、スタートダッシュできるはずのアイテムをひた隠しての俳優業デビューをしました。演技で勝負をしたいという熱い思いがそうさせたようです。これは役者という職業に命を掛けているがゆえ、主役喰いの演技につながるのですね。

 

 

香川照之が離婚した嫁さんはどのような方?


では、次に香川照之さんの元嫁さんについて、まとめてみましょう。ただし、元嫁さんは一般の方なので、プライバシー保護の観点で支障のないところで収めていきたいと思います。

 

お二人が結婚されたのは1995年です。奥様の名前は、智子さん。日本航空の元キャビンアテンダントをされていました。結婚することで日本航空を退社し、専業主婦として生活、お子様も二人いらっしゃいます。

 

二人のお子様に恵まれ、幸せな家庭を築いてきたご夫婦だったように見えます。香川照之さんは、記者会見で「自分の力不足」とおっしゃっていましたが、では、いったい何があったのでしょう。

 

 

奥様は専業主婦で、多忙な香川照之さんを支え、家庭を守ってきました。ところがある日、香川照之さんが唐突に歌舞伎役者になることを独断で決めます。それから歯車が狂ってしまったようです。歌舞伎の世界というと、一般の家庭とはことなり、家族を巻き込んでの梨園の世界のイメージがあります。元キャビンアテンダントであり、芸能の世界の無縁だった奥様にとっては、まさに異世界の世界に飛び込んだようなものです。

 

さぞ辛く、日に日にストレスが溜まっていったのでしょう。結局、香川照之さんが歌舞伎役者なったことが、その引き金になってしまったようですね。

 

 

父との同居

また、香川照之さんは、歌舞伎界に入るとき、お父様の二代目市川猿翁さんを自宅に呼び、同居し始めたのです。これまた香川さんの独断だったようです。きっと、嫁さんはさらに不信感を持たれたのではないでしょうか。

 

そして、猿翁さんはパーキンソン病を患っており、慣れない介護で追い詰められることで、さらに大きなストレスを感じるようになっていきます。

 

お二人の間には、二人のお子様がいらっしゃいます。そのお子様たちも、猿翁さんのパーキンソン病のことは頭で理解できていても、実際に生活をする上では不安だったようです。特に下のお子さんは、受験が重なっており、受験勉強の影響を考え、しばらくの間、お子様たちを連れて家を出ていたようです。

 

独断での歌舞伎界入り、パーキンソン病の父との同居など、あまり大きな変化が、香川照之さんに対して不信感を募らせていくようになります。

 

 

戻らぬ歯車

そのようなこともあり、お父様との同居を解消することになりますが、一度狂った歯車はすぐには元に戻りません。香川照之さんは、長男を歌舞伎役者として育てるために、自宅の稽古場で二人で稽古する日々が始まります。

 

歌舞伎中心の生活が始まったのです。このことから、下の娘さんは情緒不安定になったとききます。そして、2年ほどの家庭内別居が続き、ついには21年の結婚生活が終止符。

 

記者会見では、「今回はひとえに私の力不足で、このような結果になってしまいました。お騒がせしてしまったことを深くお詫び申し上げます」と頭を下げていました。また、ご本人の口から離婚理由は語られませんでした。「経緯も含めて離婚したという事実以外は何も語らないということを約束していますので」と。

 

やはり、大方の見方は香川照之さんのあらゆる独断が奥様を追い詰めたことが原因で間違いないでしょう。実は、歌舞伎界に入ったのも、不仲といわれていたお父様との同居も、自身が継ぐことのできなかった『市川猿之助』を長男に襲名させるためのものです。

 

歌舞伎役者の家に生まれながら、猿翁を継ぐことができない、ジレンマ。その夢を若干8歳の長男に託す並々ならぬ決意を感じます。そして、長男は、市川團子として12歳で歌舞伎デビューを果たします。

 

 

そのため、一家は長男中心の生活に変わっていき、奥様や娘さんは犠牲を強いられていくようになります。そして、奥様は家庭を省みることなく、自身の俳優業と歌舞伎界の名声のために走り続けてしまった香川照之さんに対して、別れを告げます。

 

 

まとめ

香川照之さんは、長男を市川家の跡取りとして育てたく、そのために自分も歌舞伎の世界に入りました。しかし、息子さんはそのときまだ8歳の小学生です。今後、自己を持つようになり、歌舞伎に対してマイナスな思考を持つこともあるかもしれません。

 

そのようなことになれば、あまり大きな犠牲を払ったことになります。歌舞伎の世界、梨園というものは、なかなか一般の者には理解できない世界です。20年も連れ添った奥様が驚かれたのも無理はないでしょう。梨園には縁のない一般人なのですから。

 

香川照之さんがこの先、どのような道を歩むのか、長男市川團子がどう成長するのか、目を離すことができません。これからも注目していきたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

Pocket

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


モンドセレクション金賞受賞!女性らしい美ボディにることができるサプリメント!初回特典あり。


PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード