気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

大谷亮介が高畑裕太の父!?結婚相手は誰なの?

スポンサードリンク
Pocket

今年2016年は、たくさんの衝撃的な芸能ニュースが飛び交いましたね。中でも8月23日に起きた事件は、超トップ級の衝撃を与えられましたね。ご存知の通り、俳優高畑裕太容疑者の強姦容疑による逮捕です。

 

業界も大騒ぎでした。若手俳優のトップにいた高畑容疑者の逮捕。番組の編成など、ドラマ、映画の代役など、関係者にとってみては生きた心地のしない晩夏であったことでしょう。

 

そして、数々と明るみになる高畑容疑者の奇行や言動、そして、母高畑淳子さんへに対する圧力など、一時はテレビ、ネットを親子で独占する状態でした。

 

しかし、なかなか見えてこなかった高畑容疑者の父親の姿。その生い立ちも徐々に見えはじめ、どうやら大谷亮介さんが父親らしいと分かってきました。では、今回はその大谷亮介さんについて調べてみましょう。

 

 

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

 

大谷亮介さんプロフィール


 

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

本名:大谷亮介

別名義:タニ―・オータニ

生年月日:1954年3月18日

出身:兵庫県

身長:175cm

職業:俳優、演出家、声優

ジャンル:舞台、テレビドラマ、映画

活動期間:1977年~

配偶者:あり

所属劇団:壱組印

所属事務所:ファザーズコーポレーション

 

テレビ朝日のドラマ『相棒』シリーズで三浦信輔刑事役で知名度がアップしましたね。ファンも多かったはずです。しかし、今回の事件でさらに知名度はアップしましたが…。趣味はサッカーとのことです。お父さまはサッカー選手だったそうです。特技は殺陣、サックス、ウクレレ、日本舞踊など、芸能面においては、あらゆることをされているのですね。劇団『東京壱組』を旗揚げ、20年後に解散するも、その後新たに『壱組印』という劇団をつくり、現在もなお劇団員として活動しております。

 

 

高畑淳子さんとの関係


高畑裕太容疑者の母で女優高畑淳子さんとは、結婚を前提に5年半にわたり事実婚状態であったそうです。しかし、結婚には至らず、大谷亮介さんは、別の女性と結婚することになりました。

 

高畑淳子さんは、1986年に長女こと美さんを出産。1993年に高畑裕太容疑者を出産。姉のこと美さんの方は、当時結婚していた男性との子どもであり、大谷亮介さんとは関係がありません。そして、裕太容疑者は大谷亮介さんとの不倫関係で生まれた子どもした。淳子さんは、その後離婚をしますが、大谷亮介んと結ばれることもありませんでした。

 

複雑な環境下で生まれ育った高畑裕太容疑者を、確かに気の毒に思いますが、起こしてしまった事件は消えませんので、やはり罪を償うしかないのですね。

 

高畑裕太容疑者は、大谷亮介さんと高畑淳子さん、お二人の子どもであることを、大谷さん自身も認知していることを、『週刊新潮』で認める発言をしています。これで高畑容疑者の父親が大谷亮介さんであることが広く知れ渡ることになります。

 

その親子関係は少し複雑です。当時、高畑淳子さんは一般男性と結婚していました。しかし、俳優仲間の大谷亮介さんと親密な関係となり、二人の間にできた子供が高畑裕太容疑者なのです。わかりやすくいえば、高畑淳子さんと大谷亮介さんとの不倫で生まれた子どもが高畑裕太容疑者なのですね。

 

事件が明るみになった当初は、大谷亮介さんは、そのことを否定していました。しかし、やがて「結婚を前提にお付き合いしていました」と発言をし、結局は、事務所経由で「高畑裕太は、自分と高畑淳子さんとの子供である」と認めることになりました。

 

大谷亮介さんは別の一般女性と結婚したため、高畑裕太容疑者とは、親子、家族としての交流はないとしています。しかし、高畑容疑者の小学校での行事に参加したこともあるといわれていますので、高畑容疑者自身は大谷亮介さんが父親であるという認識はあったのでは?と思われます。

 

業界内でも、20年以上もひた隠しにしてきた事実を、息子の愚かな事件のせいでほじくり返されてしまったのですね。その事件の真相を初めて知ったときの、大谷亮介さんの心境はいかなるものだったでしょうか。

 

 

業界での大谷亮介さんとは?


俳優大谷亮介。正直、テレビドラマ慣れしている若い人たちにとって、この名前を聞いてもピンとこず、脇役の役者さんのイメージだと思います。『相棒』での三浦刑事といった方が分かる方が多いのではないでしょうか。

 

ところが、実のところ、大谷亮介さんは舞台を中心に活動しているので、舞台関係者からすると、大谷亮介さんと高畑裕太容疑者の関係は知れ渡った話とも噂されます。

 

大谷亮介さんと高畑淳子さんとの不倫関係は舞台関係者では有名な話だったようで、生まれた高畑裕太容疑者に対して大谷亮介さんは愛情がなかったわけではなかったそうです。その証拠に、高畑裕太容疑者の名前にメッセージまで入れてあるそうです。

 

筆者ははじめ、この話を聞いたときは何のことだか分からなかったのですが、裕太の「裕」「太」をそれぞれ分解します。「裕」の衣偏をとると「谷」、「太」の点をとると「大」。なんと、彼の名前の中には「大谷」が入っていたのです。

 

劇団『壱組印』を引っ張ってきた大谷亮介さんは、役者仲間が認めるほどの役者バカらしいです。芝居に熱中しすぎる余り、高畑淳子さんとの関係も役者としてつながりが強かったといわれるそうです。

 

役者としてのつながりをとても大事にする人で、敵をつくることのない人だったらしいです。これが高畑裕太容疑者との関係が20年以上も漏れることがなかった理由であったといわれます。

 

 

高畑裕太容疑者、発達障害の疑い


大谷亮介さんは、自身の子どもがADHDという発達障害であることを明かしています。その子どもというのが紛れもなく、高畑裕太容疑者のことです。

 

 

実は大谷亮介さん自身が発達障害であるかも知れないらしいです。そうなれば、遺伝的な面で、高畑裕太容疑者が発達障害である可能性は十分にあるといえるでしょう。

 

発達障害は、一見障害があるように見えないので、周りからは判別がしにくい病気です。発達障害にはいくつかの種類があります。その中で、高畑裕太容疑者は多動性であろうといわれています。

 

その多動性障害とは、「じっとしていられな」「身体が勝手に動く」「おしゃべりが多い」「静寂にすることが苦手」など、クラスにいる落ち着きのない生徒といったところでしょうか。ところが、大人になってこの症状が治らない人もいるようなのですが、見た目では判断できないところが怖いところですね。

 

今回の高畑裕太容疑者の事件のように、自分の欲求を抑えきれずに行動に起こしてしまうような人は、その可能性が高いといえます。

 

 

まとめ

20年以上もひた隠しにしてきた事実を、今回の事件であからさまにされ、役者生命を脅かすかも知れない大谷亮介さん。直接、自身が悪いわけではありませんが、まさに種を撒いたのは自分。

 

今回の事件のことを初めて知ったとき、いったいどのように感じられたのでしょうか。そして、まさかこんなことで知名度がアップするとは思いもしなかったことでしょう。

 

役者としてはベテランですので、今回のことで仕事が減ったり、キャンセルがないことを願うばかりです。大谷亮介さんのご活躍を期待したいと思います。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

 

 

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード