気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

【画像】藤井フミヤの嫁は誰?子供や息子は何者なの?

スポンサードリンク
Pocket

女性ファンはもちろん、男性ファンも多かったチェッカーズ

 

なんといってもボーカルの藤井フミヤさんの高い歌声に惚れ惚れしたものです。そんな藤井フミヤさんも、なんと54歳!?

 

自分たちが歳をとれば、アイドルだって歳をとるに決まっている。分かってはいるけど、アイドルは歳をとらないような感覚があるものです。心の中で、永遠に若いままであってほしいものですね。

 

いつまでもチェッカーズ時代の藤井フミヤさんではないのですね。嫁さんもいれば、子供もいらっしゃいます。なんと子供は、もうすでに成人。時の経つのは早いものです。

 

そんな藤井フミヤさんの私生活や嫁さんや子供のことをまとめてみました。

 

 

最後までお付き合いいただければ幸いです!!

 

 

藤井フミヤさんプロフィール


画像1

本名:藤井郁弥

生年月日:1962年7月11日

出身:福岡県久留米市

学歴:久留米市立南築高校卒業

ジャンル:J-POP ロック

職業:元国鉄職員、歌手、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、俳優

活動:1893年~

事務所:(株)FFM

共同作業者:藤井尚之(実弟)、チェッカーズ

 

芸能界に入る前は、国鉄職員だったのですね。就職をしてからも、夢を諦めずに実現する姿が若者の心をとらえたのかもしれませんね。

 

 

藤井フミヤのチェッカーズ伝説


今の若者には馴染みがうすい感がありますが、チェッカーズとはすごいグループだったのです。そんな彼らの伝説を振り返ってみましょう。

画像2

福岡県久留米市の若者7人で構成されたポップスバンド。デビュー前はやんちゃなイメージのロック・バンドだったらしいが、メジャー・デビューとともにアイドル系に変わりました。

 

 

 

2ndシングル『涙のリクエスト』が大ヒットし、ファンが急増。1stシングル『ギザギザハートの子守歌』、3rdシングル『哀しくてジェラシー』の3曲が同時にトップテン入りを果たすという快挙を成し遂げます。

 

 

その後の曲もトップテン入りを連発し、名実ともにトップアイドルになった。しかし、その後、路線に迷いが生じ、アイドル系から、過激なロック系へと変遷していきます。

 

歌詞が過激すぎとのことで、NHKでは放送禁止になるなど、180度変わったチェッカーズ。それでもファンはチェッカーズを見放してしまうことはありませんでした。

 

また、ツアー最終日に会場に入れなかったファンのために、会場の扉を開けたまま演奏を続けるなどのファン思いのエピソードもあります。

 

そして、たったの6年という短い活動期間で、惜しまれつつ解散しました。その後、各自、ソロで活動をしております。

 

 

藤井フミヤさんのお嫁さんは誰?


伝説のバンド『チェッカーズ』で、リードボーカルを担当し、圧倒的なファン層を獲得していた藤井フミヤさん。気になる嫁さんとはどのような方なのでしょうか。そして、嫁さんとの馴れ初めはいったいどのようなものだったのでしょう?

画像3

藤井フミヤさんと嫁さんが結婚したのは1990年6月29日。チェッカーズがデビューして7年後のことです。

 

嫁さんの旧姓は「トワタリ」マチコさん。出会いはなんと中学生のころです。同級生だったのですね。

藤井フミヤさんの方がベタぼれだったそうです。

 

 

嫁さんの実家は、久留米市で大きな書店を営んでいました。今でいう、お嬢様系だったようです。しかし、当時不良のレッテルを貼られていた藤井フミヤさんとは交際ができなかったようです。

 

 

嫁さんのお父様は、とても厳格な方らしく、二人の交際を認めませんでした。ところが、中学生の藤井フミヤさんは、手作り芋版の素敵な年賀状をつくり、それに感銘を受けたお父様が交際を認めたそうです。

 

 

交際が始まった二人は、やがて高校を卒業。藤井フミヤさんは国鉄職員として地元に残ったまま就職。対して、嫁さんの方は、就職のため東京に上京します。こうして二人は遠距離恋愛が始まりました。

 

 

やがてチェッカーズがメジャー・デビュー。それとともに藤井フミヤさんの人気も急上昇します。当然、トップ・アイドルなので、モテまくりなのですが、マチコさんは信じて待ちました。

 

 

そして、藤井フミヤさんはマチコさんの元に戻ってきます。1990年6月、二人はゴールインします。当時28歳。まさに『TRUE LOVE』ですね。

 

 

現在でも出かけるときには、手をつないでいくほどの仲のよいご夫婦のようです。うらやましいかぎりですね。

 

 

藤井フミヤさんの子供は?


結婚されたお二人は、1男1女を授かります。息子さんのお名前は、弘輝さん。娘さんのお名前は、杏奈さんとおっしゃるそうです。

 

 

お二人とも成城幼稚園に通園されていました。中学まで成城学園に通学されていたそうです。有名人のお子さんがよく通う学園です。

画像4

また、藤井フミヤさんのご家庭には、お子様に対して2つルールがあるそうです。

・中学時代はスポーツ部に入る

・留学をする

アクティビティでグローバルなお子様に育てたいという藤井フミヤさんの親心を感じるルールですね。

 

〈息子 弘輝さん〉

高校を慶応義塾ニューヨーク学院で過ごし、その後、慶応義塾大学に進まれたようですね。

高校時代は、父親の影響でしょうか、バンド活動をしていました。

 

完璧なエリートと思いきや、高校時代にドラムにのめり込みすぎて、留年してしまうという意外な一面も。大学へは1年遅れで入学されたのですね。

 

そして、2016年4月。フジテレビにアナウンサーとして入社しました。今年度フジテレビに入社した新入社員は、27名。その中で、アナウンサーの部署は男性2名、女性3名しかいないのです。優秀な方なのですね。

 

お父様がチェッカーズのリードボーカルで、高校時代にバンド活動が影響して留年という型破りな過去を持ちながらのアナウンサー抜擢。間違いなく注目されるでしょうね。

 

なお、フジテレビの入社式は、なぜか保護者同伴となっており、藤井フミヤご夫妻も息子さんと出席されました。

 

〈娘 杏奈さん〉

 

娘の杏奈さんは、1993年生まれ、現在22歳です。お兄さんと同じく成城幼稚園から中学までを成城学園で過ごします。

 

こちらも、お父様の血でしょうか。噂では絵を描くことが得意とのことです。年賀状は芋版かもしれませんね。

 

 

その後、藤井家のルール通り留学をしますが、杏奈さんは、スイスに留学をします。これは藤井フミヤさんが「スイスは安全そう」という決断をしたためらしいです。やはり、娘さんですから、安全第一を考えますよね。

 

 

また、杏奈さんがスイスでの留学を卒業するとき、藤井フミヤさんもスイスを訪れ、卒業式に参加されたそうです。

 

 

卒業式は、女子は全員白いドレスで参加するパーティー形式だったそうです。

「まるでハリーポッターの世界のようだ」

藤井フミヤさんは、そのときの感想をこのように述べています。

 

 

【まとめ】

藤井フミヤさんは子供の学校行事は、ほぼ皆勤賞らしいです。子煩悩なのですね。ご夫婦も仲が良さそうで、幸せいっぱいのご家庭のようですね。

 

息子さんは、フジテレビのアナウンサーとしてこれから活躍されるでしょう。娘さんの今後の動向も気になりますね。芸能界にいくことはないのでしょうかね。

 

どちらにしても、今後の活躍が楽しみなご家族です。末永くお幸せに……

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!!

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード