気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

【画像】小芝風花って何者?性格は?キキ役をこなし、スケートが凄い?

スポンサードリンク
Pocket

小芝風花という名前を聞いて、「ああ、あの女優さんね」とぱっと思いつく方はまだ少ないかもしれません(ファンの方、ごめんなさい)。

しかし!!2016年は間違いなく、注目される若手女優の一人になるでしょう。

 

 

というのも、2016年上半期の段階で、すでにその活躍はめざましく、話題作に次々に出演しています。小芝風花という名前は知らなくても、NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で主人公あさの娘役を演じた女優さんといえば、「ああ、あの子!」とぴんとくる方は多いのでは?このように、小芝風花の人気、じわじわと上がっています。

 

 

ということで、今回は小芝風花について、経歴や「凄い!」と評判の特技をご紹介します。



 

小芝風花の経歴とは?キキ役に抜擢?


画像①

小芝風花は1997年4月生まれの19歳、この春(2016年3月)、高校を卒業したばかりです。

 

 

芸能界入りしたきっかけは、オーディション。2011年「イオン7&オスカープロモーションガールズオーディション2011」でグランプリを受賞し、オスカーに入りました。

 

 

オスカーといえば、武井咲や剛力彩芽が所属している事務所ですよね。二人はどちらかというと、ぱっと人目をひく美人さん、THE芸能人って感じ、小芝風花は二人とちょっとタイプが違う女優ですね。古風というか、清楚というか。オスカーで小芝風花タイプは珍しい気がします。

 

 

 

2012年には、ドラマ「息もできない夏」でさっそく女優デビュー。大手芸能事務所ですから、デビューまでの運びはスムーズです。小さな事務所だと、下積み何年なんてことがあるのでしょうが。このドラマでは事務所の先輩武井咲も出演しており、小芝風花は武井咲の妹役を演じました。いわゆるバーターってやつです。

 

 

 

そんな小芝風花が世間の注目を集めたのが、映画「魔女の宅急便」でのキキ役です。2014年、小芝風花は魔女の宅急便の実写版で主人公キキ役に抜擢され、映画デビューにして映画初主演を果たしました。

 

 

 

この映画のポスターやCMを見た方は多いのでは?私も、CMを見た瞬間は、「うわっ、コケるの必至だわ」と思いました(-_-)まあ、キキ役の衣装やメイク自体はけっこうイメージ通り、アニメ通りでしたけどね。

画像②

こんな感じです。人気アニメの実写化でありがちな「イメージと違う」「イメージが壊れる」ということはありませんでしたが、このキキが出る映画を見たいかと言われたら、「うーん」って感じですよね。

 

 

大体、この映画の対象は誰?大人?大人は「魔女の宅急便」なんて見ませんよね。では子供?子供はアニメの方が好きですよね。誰向けの映画なのか、はっきりしない映画って、大体、コケます。

 

 

 

大多数の国民の予想通り、この映画はあれだけ宣伝をしたにも関わらず興行収入5億円という成績不振、ずばり、コケました。映画初主演にして、いきなり逆風が吹きまくったわけです。

でも、この成績不振は、小芝風花のせいではないと思いますよ、私は。

 

 

 

誰がやっても同じ結果です。繰り返しになりますが、あれだけ完成度の高いアニメ映画があるのに、わざわざ実写版を見る人がいます?魔女の宅急便を見たいのなら普通に、ジブリの映画を見ますよ。それに、キキが飛ぶシーンのCGは絶対しょぼいし。

 

 

とはいえ、自身の主演映画がコケたのは事実。初主演、新人女優は、映画がコケる言い訳にはなりません。このへん、プロの世界は厳しいです。「初めてだから失敗しても仕方ないよね」は×なのです。

 

 

小芝風花にはこれ以降、演技の神様に見放されたのか、当たり役に恵まれない時期が続きました。もちろん、主演なんて話も全くありませんでした。この時期に出演したドラマや映画は、「GTO」「HEAT」「ガールズステップ」。いずれも視聴率、興行収入が「……」な作品になってしまいました。

 

 

 

そんな小芝風花の転機になったのが2016年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」です。小芝風花は、主人公白岡あさ(波瑠)の娘、白岡千代役を演じました。

画像③

仕事に精力を注ぎこみ、自分になかなかかまってくれない母親に対する反発、だけれどやっぱり母親を慕う娘の微妙な感情を好演しました。「好きだけど嫌い」「嫌いだけど気になる」を演じるのって、「大嫌い」や「大好き」というストレートな演技よりもずっと難しいと思いますが、それを小芝風花はきちんと演じ、視聴者の共感を得ました。

 

 

 

また、現代を舞台にしたドラマや映画では地味に見えてしまう古風な顔立ちがこの朝ドラでは強みになりました。かつらや着物、袴をつけると、まんま明治時代のいいところのお嬢様!ドラマの世界観にぴったりと合っていたのです。小芝風花は着物が似合うだけでなく、顔や立居振舞からも「明治時代のお嬢様」らしい気品が漂っていました。

 

 

 

そんなこんなで、NHKには「あさが来た」の視聴者からの「娘役の女優さんは誰?」という問い合わせが多数寄せられました。小芝風花が演技面から、また世間の知名度の面からも女優としての段階を一つ上げるきっかけになったのが、「あさが来た」でした。

 

 

 

「あさが来た」終了後は、ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」に出演します。こちらでは、「あさが来た」とはまた一味違った小芝風花を見せてくれますよ。



 

小芝風花の性格は?特技はスケート?


古風で清楚で、どちらかといえばおとなしそうな性格に見える小芝風花。しかし、小芝風花にはとっても意外な特技があります。それは、フィギュアスケート

小学3年生~中学2年生まで習っていたそうです。

 

 

なんと、フィギュアスケート西日本小中学生大会で8位に入賞したこともあるとか!!これはすごい。中学2年生までということは、芸能界入りをきっかけにやめたということでしょうか。もったいない気もしますが、フィギュアスケートの表現力は女優の仕事にも役立っているのではないでしょうか。

 

 

また、小芝風花が芸能人になりたいと思ったきっかけもフィギュアスケートにあったとか。テレビで浅田真央選手のCMを見て、「私もこんなCMに出たい」と思ったそうです。まおちゃん人気ですね。

 

 

そんな小芝風花、見た目に反してけっこうアクティブな性格なの?と思いきや、現在は見た目通りのインドア派らしいです。本人曰く、「ほとんど家から出ないです。趣味の編み物や刺繍をやったり、愛犬と遊んだり、映画のDVDを見て勉強したりしています」だそうです。

 

 

編み物に刺繍ですか……なんとも、見た目からの期待を裏切らない趣味です。まさに、部屋でマフラーとか編んでいそうですもの。それに編み物や刺繍が趣味の若い女性なんて、今や絶滅危惧種では?

 

 

また、手芸だけではなく、料理も得意とか。自身のブログに度々手料理の画像を載せています。この手料理もまた、おいしそうなんです。編み物が得意で、料理もできるなんて、女子力の高さに脱帽です。私も少し見習わなければ、ね。

 

まとめ

以上が、小芝風花について、経歴や「凄い!」と評判の特技スケート、性格についてでした。

2016年の小芝風花は波に乗っています。風も吹いています。あとほんのひと押しで、どかんと売れることは間違いありません。問題は、当たり役に恵まれるかどうか。

 

 

「あさが来た」の衣装やかつらが似合っていたのですから、時代劇がいいかもしれませんね。どうでしょう、NHKさん。今年の大河ドラマに「あさが来た」のあの女優が登場!!なんてサプライズがあったりしませんかね。

 

 

まあ、いずれにせよ、遅かれ早かれ、小芝風花は人気女優の仲間入りするでしょう。これから、小芝風花の活躍から目が離せませんね。


【PR】

おしゃれなドレスがいっぱい!!

大切な日を彩るパーティードレス通販GIRL
多数の芸能人が愛用する腕時計ブランド!!
注目の腕時計ブランド「BRILLAMICO」公式サイトはコチラ
Facebookを利用した婚活・恋愛マッチングアプリ!!
pairs

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード