気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

【画像】ムロツヨシの本名は何?結婚はしているの?生い立ちが壮絶?

スポンサードリンク
Pocket

今や個性派俳優としてテレビに映画に引っ張りだこのムロツヨシ

画像①

お茶の間にムロツヨシの名前が浸透したのは、NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」あたりからでしょうか。ごちそうさんでは、変わり者の大学教授の役を熱演していましたよね。

 

 

テレビで見る印象的な演技から「おもしろい俳優さん」「プライベートはどんな人なの?」と気になっている方も多いのでは?ここでは、謎に包まれた俳優ムロツヨシについて、本名や「壮絶?」と話題になっている生い立ち、結婚などについてご紹介します。


 

ムロツヨシの本名は非公開なの?


ムロツヨシは芸名です。本名は非公開となっています。本名非公開の理由は「本名の書く数が多い」「漢字が難しいから」だそう。ということは、本名の漢字が難しいからカタカナにしたってこと?なので、ムロツヨシは芸名ではあるものの、音としては本名通りのような気がします。

 

 

たとえば、「室毅」や「室剛」だったら、難しい漢字ではありませんが、一瞬、「どう読むんだろう?」「どこまでが名字?」「中国人?」と思ってしまうかもしれませんね。パソコンで「むろ」と打って変換すると「牟婁」なんて漢字も出てきます。この漢字なら、本当に難しいです。私には読めません。

 

 

また、ムロツヨシは神奈川県出身です。神奈川には、「無漏」と書いて「むろ」と読む名字があるそうです。もしかしたら、ムロツヨシの「難しい漢字の本名」はこの漢字かもしれません。

 

 

ムロツヨシが俳優の仕事を始めた頃、時期を同じくして「スガシカオ」が登場してきたそうです。このときは、「かぶった!!」と焦ったとか。笑

 

 

たしかに似ています。ちなみにスガシカオの本名は、「菅止戈男」です。

 

 

こちらも難しい!読めません。。。笑

 

漢字に変換するのも一苦労でした( ;∀;)

なるほど、カタカナ表記の芸名には「本名の漢字が難しいから」という事情があるんですね。たしかに、「ムロツヨシ」も「スガシカオ」もカタカナだからこそ、一度見たり聞いたりしただけで覚えることができます!!

 


 

ムロツヨシの生い立ちが壮絶?


ドラマやコントではおちゃらけた、と言っては言い方が悪いですね、

画像②

二枚目ではない……これもダメか、、、、、うーん……「コミカルな!」これでどうでしょう!??

 

 

コミカルな演技が魅力のムロツヨシですが、そのコミカルな演技の裏側には実は壮絶な生い立ちが隠されているそうです。ということで、さっそく調べてみました。

 

 

上にも書きました通り、ムロツヨシは神奈川県出身です。元々はお父さんとお母さん、それにお姉さんの四人家族、ごく普通の家庭ですね。

 

 

事件はムロツヨシが3歳の時に起きました。なんと母親が家出、さらに父親は母とは別の女の元へ出奔!!

 

 

・・・・・ええっ( ゚Д゚)

お父さん、お母さん、子供を置いて何をしているの!!

 

 

両親が揃って家出してしまった後、ムロツヨシ少年はお姉さんと父方の叔母や祖父母の元に預けられます。ムロツヨシ少年は祖父母に育てられたわけですね。

 

 

ところが、あるとき女の元に走った父親が新しいお母さんと異母兄弟を連れて帰ってきました。ムロツヨシ少年、中学生のときです。

 

 

・・・・うわあ”(-“”-)”

これは、中学生には辛い出来事ですね。

 

父親一人で戻ってくるならまだしも、新しいお母さんを連れて……まあ、新しいお母さんまではよしとしましょう。でも、異母兄弟はちょっと……

私なら、グレますね。金髪、ピアスに一直線です。なんなら、鼻ピアスもします。

 

 

では、新しい家族を連れて帰ってきたお父さんに対して、ムロツヨシ少年はどうしたかというと……

 

 

ムロツヨシ少年も父親とは一緒に暮らせなかったようですね。

ムロツヨシが父親を拒絶したのか、はたまた父親の新しい家族がムロツヨシを拒んだのか、そのあたりの事情は分かりませんが、父親が戻ってきた後も、ムロツヨシはそれまで通り、祖父母のアパートで暮らしました。父親と新しい家族は祖父母のアパートの隣の部屋で暮らし始めました。

 

 

こんな生い立ちの環境ですから、ムロツヨシのお姉さんの反抗期は大変だったそうです。。。

仕方ありませんよね。お姉さんを責める人は誰もいないでしょう。一方、ムロツヨシ少年はというと……「祖父母に負担をかけたくない」ということで、反抗期はなかったそうです。

 

 

ムロツヨシは反抗期がなかっただけでなく、勉強もがんばりました。高校は神奈川県立鶴見高等学校という、偏差値57の進学校を卒業、1年の浪人生活を経て、これまた偏差値の高い東京理科大学に入学しました。

 

ムロツヨシさん、すごい|д゚)

今まで散々呼び捨てにしてきましたが、ここにきて尊敬の念から、思わず「さん」を付けてしまいました。

 

 

このように、壮絶な生い立ちを乗り越えてきたムロツヨシ(呼び捨てに戻します)ですが、「俳優になりたい」という夢は学生時代から持ってきたようです。大学入学後、本格的に演技を学び始めます。その後はなかなか芽が出ず、苦労したそうです。そんなムロツヨシを応援してくれたのは親友だったそうです。

 

 

ムロツヨシは家族で色々大変な目にあってきた分、友達に恵まれたのでしょうね。親友の支え・応援もあって、ムロツヨシは見事俳優になりたいという夢を叶えました。

 

ムロツヨシ、結婚はしているの?


公表されているプロフィールによると、ムロツヨシは結婚はしていないようです。まあ、俳優さんですから、結婚しても公表しないということもありますが、ムロツヨシの場合、二枚目で売っているわけではありませんからね。

画像③

 

女性ファンを逃がさないために結婚を公表しないということはないでしょう。ということで、ここはプロフィールを素直に受け止めて、「ムロツヨシは結婚していない」と考えてよさそうです。

 

 

人気俳優だし、話もおもしろそう、モテないわけはないと思いますが、ムロツヨシには結婚どころか熱愛スキャンダルもないようです。不思議ですよね。

 

 

もしかしたら、両親の家出やその後の壮絶な生い立ちゆえに、結婚に対してあまりポジティブな考えを持つことができないのかもしれませんね。結婚生活に希望や憧れを持てないとか、あるいは、結婚しても幸せになる自信がないとか、そんな感じでしょうか。

 

 

ムロツヨシは過去の恋愛について、「彼女には『(私は)ツヨシ君のお母さんじゃないから』と言われてフラれる」と明かしています。

なるほど、幼い頃にお母さんが家出してしまったため、恋人にお母さんを求めすぎてしまうのでしょう。

 

 

男性の場合、彼女に母親を求めることは珍しくありませんが、それがいき過ぎてしまうと、たしかに彼女にとっては負担かもしれませんね。

 

まとめ

以上が、ムロツヨシの本名や壮絶な生い立ち、結婚についてでした。上記の通り、ムロツヨシさん、見た目や演技の印象に反して、これまでかなり苦労をしてきたようです。生い立ちや経験がムロツヨシのコミカルな演技に深みを出しているのかもしれませんね。

 

 

そんなムロツヨシですが、2016年も映画にテレビに、と出演作が目白押しです。

 

映画では出演作「ヒメアノ~ル」「金メダル男」の公開が決まっているほか、テレビドラマでは、現在放送中の「重版出来!」に出演中です。「金メダル男」の監督は内村光良!内村光良といえば、NHKのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」。

 

 

ムロツヨシがレギュラーで出演していますよね。実は、私はこの番組でムロツヨシにはまったクチです。これは映画にも期待大!ということで、今後もムロツヨシの活躍から目が離せそうにありません!!


【PR】

おしゃれなドレスがいっぱい!!

大切な日を彩るパーティードレス通販GIRL
多数の芸能人が愛用する腕時計ブランド!!
注目の腕時計ブランド「BRILLAMICO」公式サイトはコチラ
Facebookを利用した婚活・恋愛マッチングアプリ!!
pairs

この記事が気に入ったら
いいね!してください♪

Twitter で
Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード