気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

新作アリス続編『Alice Through the Looking Glass』豪華キャストとスタッフで実現!

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件ww

PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!
スポンサードリンク
Pocket

image (15)

 

新作アリス続編『Alice Through the Looking Glass』レビュー 


豪華キャストとスタッフが再び、不思議なアリスの世界を作り上げました。 

 

今作の重要なポイントは、逆さま。 

 

このテーマは、子供と大人で感じ方が非常に違ってきます。 

 

 

英語ではUPSIDE DOWNという表現を用いる様に、素晴らしい快進撃を表す用途にも使われます。 

 

 

 

特に英国では、子供でも時計に対してのイメージは的確に、秩序ある事と認識しています。また、英国人作家ルイス・キャロルの作品のユニークさと面白さは、大人の世界を子供が驚く立場で世界を逆転してみる様な、ルールがちりばめられています。 

 

 

 

子供を守り、社会を学び貢献してゆく事を教える基盤こそがルールであったとしても、束の間、子供が成長するまで、時間を持って対応できる心の育成と、強さを教えてくれる作品です。 

 

 

 

皆、子供の頃、世間に疑問を持ち、驚き、大人の常識の理不尽さに悲しくなった時を知っています。 

 

 

 

子供なりに悩み出した結論を、批評されたり、大人の理屈で反論されると悲しくなります。 

 

 

 

身体中に走る悪寒。電撃に手足で感じるジレンマに、身震いする程の寒気を感じるものです。 

 

 

子供が飛び込むとは、逃げ込む子供の世界。 

 

 

 

また、頭では、常識や秩序と責任を守れるのが、大人と解釈し始める年頃。 

 

 

 

奇妙な装いの大人達に出会い、アリスは心置きなく大人へと成長を遂げて行きます。 

 

 

 

子供のむきだしの怒りや、喜び。 

 

 

 

体いっぱいで感情をコントロールできる神経が形成されるまで、心身ともに見守りたいと願う大人達も昔は子供だった事。 

 

 

 

今や知識や情報を手にするのに先人の書物を読み漁らなくとも、インターネットがあります。しかし、WEBの世界には信憑性に問題があるものも、多く存在します。 

 

 

 

 

これからも、学ぶという事でぶちあたるジレンマに対し、心身で理解し選択していける責任を学んで行ける、文学・社会が存在してほしいと思います。 

 

 

 

色彩やクリエィティブは子供の発育や性質により、何が良いのか? 

 

実際はわかりかねます。 

 

個性とは、ユニークさであり、お互い人とは違う存在。 

 

 

 

相手を理解する時、お友達の気持ちになって考えるなどの押し付けは常識や経験でユニークを歪ませてしまう可能性があります。何より、自分で良識を持つ事が重要です。 

 

先ずは自身で立って歩き、選択し、結果を知る。してまた、努力を繰り返してゆくほうが、最良の結論だと言えます。 

 

 

 

自分の世界観を押し付ける事なく、他人に自分の世界観に引き入れるのでもなく、作家ルイス・キャロルの世界には、選択と時間の問いかけがあります。 

 

また、ユニークさを知る驚きや見物の大切さ。また、経験は時には人の目をくもらせる事の厄介さについての準備が、子供たちに与えられる機会となる事でしょう。 

 

鏡に写る姿にくもりや、虚栄心で塗り固められた虚像にプレッシャーを感じたら、先ずは開けた入り口とインスピレーションを追って飛び込んでみたいと思いませんか? 

 

 

 

ティム・バートンのクリエィティブワールド。皆様の鏡の国のアリスとはまた違うかもしれない、ユニークさをお楽しみ下さい。 

 

image (16)

 

新作アリス続編『Alice Through the Looking Glass』


Alice Through the Looking Glass 

2016年5月27日英国と米国で公開予定。 

 

 

◉前作アリス・イン・ワンダーランド 

『Alice in Wonderland 』 

 

監督 ティム・バートン 

脚本 リンダ・ウールヴァートン 

制作 リチャード・D ザナック 

        ティム・バートン 

        ジョー・ロス 

        スザンヌ・トッド 

        ジェニファー・トッド 

製作総指揮 クリス・レベンゾン 

出演 ミア・ワシコウスカ 

        ジョニー・デップ 

        ヘレナ・ボナム=カーター 

        アン・ハサウェイ 

音楽 ダニー・エルフマン 

主題歌 アヴリル・ラヴィーン 

『アリス(アンダーグラウンド)』 

製作 ウォールト・ディズニー・ピクチャーズ 

 

 

<ストリー> 

不思議の国のアドベンチャーから成長して、アリス・キングスレーは19歳になった。 

 

父を亡くし、沈んでいたアリスに、姉が極秘に婚約を祝うパーティーを計画していた。 

貴族の御曹司・ヘイミッシュから急に求愛され、アリスは逃げ出してしまう。 

 

そこへ白ウサギが現れ、後を追ったらまた、不思議な国へ迷いこんでしまう。 

 

しかし、再び訪れた不思議の国は13年前とは一変していた。 

 

夢だったと思っていた不思議の国が再び目の前に現れた・・・ 

 

 

 image (17)

 

Through the Looking-Glass, and What Alice Found There 


 

 

『鏡の国のアリス』 

発行日 1871年12月24日 

 

 

 

チェスのルールに従い、鏡の国を往き来する。 

様々な言葉遊びやパロディが含まれています。言葉遊びや、言葉の音も非常に楽しい作品です。 

 

 

 

<ストリート> 

ガイ・フォークスの日の前日、子猫に毛玉を解かれてしまい、しかっていました。 

 

アリスは子猫と遊んでるうちに、空想にふけはじめます。 

 

とこらが、空想のはずの鏡の中の世界に、鏡を通して入り込んでしまいます。 

 

鏡の中の暖炉の部屋では、チェスの駒が生き物の様に動いていました。姿が見えていない様で、アリスはいたずらを仕掛けます。 

 

また、アリスは鏡の中で、鏡に移す事で、ジャバウォックの逆かさの詩を読みます。 

 

それからというもの、外に出るが上手く、思うよう進めなくなります。  

 

チェスのルールの様に、家に帰るために道を戻っても、また、出発地点に帰ってくるなど、何か規則に縛られ始めます。 

 

今回、赤の女王の助けがあったりと、前作の続きとして、映画もしっかり楽しめるストーリーが満載です。 

 

名無しの森はどの様に表現されるか楽しみです。名前を忘れてしまうと、色々な不具合や常識が色あせるシーン。 

 

全て大きさ、背丈で見る。 

 

また、色や形。 

 

そして、動物はアリスが人間だと思い出した瞬間、逃げだします。 

 

白の女王の逆さまの時間。 

 

不思議なお店では、棚を覗くと空っぽになる。 

 

全てがサカサマ。 

 

ライオンとユニコーンの争い。 

 

まだまだ、ストーリーは続きます。 

 

image (18)

 

Alice Through the Looking Glassみどころ 


 

やはりファンタジーの世界が映像化され、色づくと、個性がありユニークです。 

 

不思議の国のアリスや、鏡の国のアリスは赤と白や花々、色めく鮮やかな色彩が登場します。 

 

バラを塗り替えたり、自然の美しい色や常識がわかり始めた子供こそ、想像が膨らみ、独自の世界観を形成してゆくアリスは7歳と半分。 

 

今回の作品も大変、色彩鮮やかな極彩色にちりばめられています。 

 

さて、子供にまつわる映像作品において、明度色彩豊かなCG構成が組み込まれる事で、子供達の混乱は気がかりです。 

 

色に関しては空、海の色や、心引き込まれる自然の色彩にまだ出くわして解釈できていないなど、子供の経験に影響しないかと少し、躊躇してしまいます。 

 

故郷の山間、川や海、空や建物、家族や大切な人の瞳の安心する奥行きと意識の記憶は、大人になってからも懐かしく、心地よさがあります。 

 

色とはそもそも、可視光線により物体色を認知します。 

 

できるだけ、強い光の刺激や光線でショックを与えない様に、子供には配慮を必要とします。 

 

慣れた小さな花々。 

 

庭や自然界の野花。 

  

興味や国の文化によって、記憶する風景は違ってきます。 

 

実は花々に関しては、日本の美意識は、個性を際立たせたり、哲学を見出す、線に見立てたりと、区切ってゆきます。 

 

欧州各国ではバラツキがありますが、ハーモニーを求める傾向があります。 

 

最近は、個性やアレンジが流行り、ダイナミックなアイデアも現代的で斬新ですが、華やぐ為、花を飾る傾向は変わりません。 

 

<新作アリスの世界> 

今回のアリス作品は、明度が高い色彩と奥行き、水彩の様に鮮やかで風合いを感じます。 

 

脳に焼きつく様な、衝撃はありませんが、適切な親御さんの配慮を必要とする事は、変わりません。 

 

森の木々をすり抜ける風や、木漏れ日。 

 

また、ファンタジーの世界として、十分にイマジネーションを膨らませ、楽しめるはずです。 

 

是非、映画予告動画でチェックしてみてはいかがでしょうか。

【PR】

おしゃれなドレスがいっぱい!!

大切な日を彩るパーティードレス通販GIRL
多数の芸能人が愛用する腕時計ブランド!!
注目の腕時計ブランド「BRILLAMICO」公式サイトはコチラ
Facebookを利用した婚活・恋愛マッチングアプリ!!
pairs

 

Pocket

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


モンドセレクション金賞受賞!女性らしい美ボディにることができるサプリメント!初回特典あり。


PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード