気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

【画像】永野芽郁、高校サッカー11代目マネージャーに!性格や熱愛彼氏は?

スポンサードリンク
Pocket

女優でファッションモデルの永野芽郁が第94回全国高校サッカー選手権大会の11代目応援マネージャーに抜擢されました。全国高校サッカー選手権大会の初代応援マネージャーを務めたのは堀北真希さん、その後も、新垣結衣さん、北乃きいさん、川口春奈さんなど、現在活躍している女優さんが務めてきたため、若手女優の登竜門ともいわれています。高校サッカー11代目応援マネージャーに抜擢されたことで、今後のブレイク間違いなし、今注目の女優、永野芽郁の性格や熱愛彼氏などについてまとめてみます。

 

永野芽郁の性格や経歴は?


 

画像①

永野芽郁(ながのめい)は、1999年9月24日生まれです。血液型はAB型、身長は163cm、体重は約45kgです。出身地は東京都です。

 

永野芽郁のデビューのきっかけは、小学校3年生のときに吉祥寺でスカウトされたことでした。スカウト後、芸能事務所「スターダストプロモーション」に所属し、2009年に子役として芸能界デビューをしました。デビュー作は、2009年に公開された映画「ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル」です。子役デビュー後、永野芽郁は今度は、ティーン向けファッション誌「ニコ☆プチ」でモデルデビューをします。「ニコ☆プチ」では、レギュラーモデルを務め、同世代の女の子から圧倒的な支持を得る人気モデルとなりました。2013年からは、「ニコ☆プチ」の姉妹雑誌「nicola」のモデル(ニコモ)になりました。

 

ファッション雑誌でのモデル活動と並行して、永野芽郁は子役・女優としても実績を積んでいきました。

 

2010年、永野芽郁はドラマ「ハガネの女」では、主人公の小学生時代を演じ、2013年にはNHK大河ドラマ「八重の桜」で山川常盤の少女期を演じました。永野芽郁は映画への出演も多く、「ゼブラーマン―ゼブラシティの逆襲―」(2010年公開)、「私の優しくない先輩」(2010年公開)、人気作「るろうに剣心」(2012年公開)と、作品ごとに女優としての評価が高まり、作品のなかで重要な役柄を任されています。2015年には、映画「俺物語!!」で念願のヒロイン役を射止めました。ヒロイン役抜擢にあたって、永野芽郁は厳しいオーディションを勝ち抜きました。これまで磨いてきた演技力が評価された結果です。

 

 

画像②

 

上記の通り、永野芽郁はまだ十代半ばという若手女優でありながら、すでに女優として高い評価を得ています。では、普段の永野芽郁はどのような性格の女性なのでしょうか。

 

 

永野芽郁の趣味は、「写真を撮ること、新体操、ギター、ランニング」です。体を動かすことが特に好きで、永野芽郁は特技に「スポーツ、Y字バランス(新体操つながり?)」をあげています。清純派女優のイメージが強い永野芽郁ですが、素の永野芽郁は、アクティブな女性のようです。また、「ものまね」も得意で、雑誌やドラマの撮影では楽屋でものまねを披露して、モデル仲間を笑わせているそうです。永野芽郁は明るくひょうきんな性格なようですね。

 

 

永野芽郁の目標の女優は、「北川恵子、戸田恵梨香、中里依紗」です。永野芽郁自身、かわいい・きれいだけではない、演技派の女優を目指していることがわかります。

 

 

そんな永野芽郁の性格について、モデル仲間や関係者は口を揃えて、「明るくて真面目」と言います。永野芽郁の真面目な性格は、ブログにも表れています。永野芽郁は、ブログに書きこまれるファンのコメントに一つ一つ丁寧に返答します。また、ファンからの答えにくい質問(たとえば、「どうしたらモデルになれますか」など)にも、誠実にこたえています。

 

 

永野芽郁の熱愛彼氏情報は?


永野芽郁は、好きな男性のタイプについて、「サバサバしているけど、実は優しい男性が好き」と語っています。普段は明るい性格の永野芽郁だが、熱愛彼氏の前では、「ひたすら照れてしまう」というかわいらしい一面もあるそうです。

 

そんな永野芽郁の熱愛彼氏情報についてですが、デビューから今まで、熱愛彼氏報道が出たことはありません。まだ、16歳の永野芽郁ですから、今は恋愛よりも演技の勉強をしっかりやりたいという気持ちが強いのでしょう。

 

ただ、女優一筋の永野芽郁にも、一人だけ大好きな男性がいるそうです。それは、お兄さんです。自身のブログないにも、お兄さんと一緒の写真を掲載するほどの仲良し兄妹だそうです。

 

 

ただ、現在、お兄さんはアメリカ留学中だそうで、とても寂しい思いをされているそうです。なので、永野芽郁のブログやネット上に、永野芽郁が男性と映っている写真を見かけたとしても、「永野芽郁、熱愛発覚か」と早とちりされませんように。それは、お兄さんとの写真です。

 

 

永野芽郁、高校サッカー11代目マネージャーに


このように、ファッションモデルや女優としても、また一人の女性としても魅力満載の永野芽郁が、今年の全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーに就任しました。

 

 

永野芽郁が高校サッカー応援マネージャーに抜擢された理由は以下が考えられます。

①永野芽郁が大会に出場する選手と同世代であること

②永野芽郁が高校サッカー同世代から高い支持を得ていること

③永野芽郁が現在、高校サッカー同世代の芸能人の中でもめざましい活躍をしていること

④永野芽郁に健康的でアクティブなイメージがあり、高校サッカーの応援マネージャーにふさわしい女性であること

 

また、女優としてのイメージだけでなく、永野芽郁自身、趣味や特技に新体操やランニングをあげるほど、体を動かすことが大好きです。

 

あいにく、学校の授業以外でサッカーの経験はなく、生でサッカーの試合を観戦したことはまだないそうですが、サッカーの試合をテレビなどで観戦することは多いそうです。

 

 

そんな永野芽郁の好きなサッカー選手は、本田圭祐選手です。

 

その理由について永野芽郁は、「PKの時に、あんなにたくさんの人が見ているところで、なぜプレッシャーに勝てるんだろうと、いつも考えながら見ていて。私自身は、本番に弱いと思っているので、そういう人になりたいです」と語りました。

 

 

また、好きな海外選手は、クリスティアーノ・ロナウド選手です。ちなみに、高校サッカー応援マネージャー就任時の恒例となっている連続リフティングでは、これまでの最高記録10回を抜いて11回という記録を出しました。運動神経抜群の永野芽郁らしく、サッカーのセンスもあるようです。

 

 

永野芽郁は高校サッカー応援マネージャーを務めるにあたって、自らの抱負について、高校サッカー11代目応援マネージャー就任決定に先立ち行われた会見の中で、「同世代の高校生の選手たちが全力で頑張っている姿を、誰にも負けないように一生懸命応援できればと思います」と力強く語りました。

 

 

また、会見の中では高校サッカー応援マネージャーを務める不安をのぞかせる場面もありました。高校サッカー応援マネージャーに抜擢されたというのを最初に聞いたときの気持ちを訊かれたときには、

 

「(うれしい気持ちがありつつ)歴代の方たちがすごい方たちなので、自分が高校サッカー11代目応援マネージャーでいいのかなという不安もありました」と素直な気持ちを吐露しました。

 

第94回全国高校サッカー選手権大会のキャッチフレーズは、「Future~日本の未来はここにある」です。このことについても、永野芽郁は会見の中で「5年後の東京オリンピックに出るかもしれない選手がいることを考えるとドキドキするし、そういう選手たちのプレーを目の前で見られるということを嬉しく思っています。私もみなさんを全力でサポートできるように頑張りたいと思っているので、みなさんも頑張ってくれたらいいなと思います。応援しています!」と高校サッカー応援マネージャーに対する意欲を語るとともに、大会に出場する同世代の高校サッカー選手たちにエールを送りました。

画像③

【PR】

おしゃれなドレスがいっぱい!!

大切な日を彩るパーティードレス通販GIRL
多数の芸能人が愛用する腕時計ブランド!!
注目の腕時計ブランド「BRILLAMICO」公式サイトはコチラ
Facebookを利用した婚活・恋愛マッチングアプリ!!
pairs

 

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード