気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

K-POP vs J-POP動画!日本でも、海外でもちょっと話題!

スポンサードリンク
Pocket

K-POP vs J-POP 


 

比較されやすい、日韓音楽業界ですが、今回は女性アーティストグループをピックアップいたしました。 

 

日本の女性グループは、個性的な魅力やアイドルダンスが人気です。 

 

韓国の女性グループは、キレのある独特のちょい悪い感じのダンスと、脚や腰を使ったダンスが人気です。 

 

グループによっては、ちょっと似通ったパフォーマンスもありますが、衣装の違いとメイクの違いが大きいのではないでしょうか? 

 

J-POPのほうが、POPでリズムがあって、映像もカラフルです。衣装はアイドル路線であったり、メルヘンな作り込みもみられます。 

 

海外で虫歯ポーズはちょっと、話題になりました。 

 

日本のアイドル業界は、次々と新人発掘に挑んでいます。 

 

image (12)

 

K-POP/J-POPダンスやクリエィティブ比較 


 

K-POPダンスは、勢いがあります。J-POPダンスは、K-POPダンスのマネなどと言われ、ちょっぴり悲しいです。 

 

 

最近の日本のミュージッククリエィティブは、ダンサーとしての技術とクオリティが共に高いのに、クリエィターの活躍や話題に乏しいです。 

 

 

 

 

日本独占のエレクトリカルサウンドやファンタジックな彩色やアニメーションは人気のなのですが、構成やクリエィティブの評価は最近ありません。 

 

 

 

端的に物申すなら、日本の音楽業界はYouTubeで、アーティストの力の発信力を知る今なお、クリエィターを評価するシーンが少な過ぎます。 

 

 

 

広告から分岐した、クリエィティブな映像発信に臨む次世代アーティストの誕生が待ち遠しいです。 

 

 

 

例えば、アミューズメントパークや主要都市、歴史的建造物や電車等を盛り上げる、ビデオマッピングは、今も盛んで、来場者を集めています。 

 

 

 

 

また、多くの観客が感動すると聞きます。 

 

 

 

さて、日本ではプロジェクションマッピングと呼ばれてるのが支流。この技術は、60年代から開発され、2001年からクリエィターに利用される様になっています。 

 

 

 

アーティストが才能を持て余すことなく、気の合う仲間や今ある街並みから逃れ、機会とエナジーを抱えロンドンやニューョークでミュージックシーンをクリエィティブでファッショナブルに押し上げてきたのもこの頃からです。また、アーティストの支援者やファン、ギャラリストも飛躍のチャンスでした。 

  

 

 

 

実は日本のミュージックシーンはあまり、クリエィティブやファッション、アーティストを踏まえた交流会が盛んでないバックグラウンドと街の在り方があります。 

 

 

 

ミュージックシーン・ファッションカルチャーを引き上げてきたら街やべニューは伝説があります。  

 

 

 

プロモーター、ミュージシャン、アーティスト、学生が交換するファッショナブルな交流会。多くのクリエィティブシーンで音楽を活性化してきました。 

 

 

 

日本にも勢いがあった時代もありましたが、音楽産業自体を塗り替えるクリエィターやアーティスト、ミュージシャンが売れる為苦悩した時代と、芸能プロダクションと大手企業やら産業の広告塔としてのプロモンーターが幅をきかせている様に感じます。 

 

 

 

 

今も主要都市のモデル業界は、大手企業産業との結び付きが強く、特に女性モデルもプロモンーターについて営業活動を積極的に行える時代が今もあります。 

 

 

 

 

アーティストとモデルの違いは、作品を生み出す事が生業の人々と、ファッションデザイナーを盛り上げる・デザイナーやメゾンの世界観を最大にし、より売れる様、販促の役割を果たすマヌカンである違いがあります。 

 

 

 

 

それ故、アーティストは作品に契約条件が付き、モデルはイメージづくりを活性化する為の四股や表現力・健康管理が必須です。特にフランスでは、無謀なダイエットの時代から学び、女性モデルが各産業やマーケットの厳しい波に飲み込まれない様に、法律で守られ始めています。女性モデルが痩せ過ぎて、死に至るケースが相次ぎました。モードの国フランスではやっと子供達の将来の為、社会が再び、大手企業へも新しく法で管理を始めました。 

 

 

 

 

 

アーティストの活動の場が変化してゆきます。しかし、アーティストがファッション・カルチャーを先導する街並。また、トレンドやマーケティングや人々が支える文化傾向。 

 

 

 

 

また、トレンド発信が人々を消費者として引き込んでゆく、産業依存型とも言えるマーケット志向。結果、アーティストの主体性と持ち味の表現に違いがあります。  

 

 

 

 

J-POPも、K-POPも双方、エンターテイメント性が高く、シアターやステージビジネスの要素が強いのではないでしょうか? 

 

 

 

これから、日本のミュージックシーンは何に惹かれ、流行が生まれるのかが楽しみです。 

 

 

image (13)

 

クリエィティブ・メディア戦略 


 

最近、韓流音楽に日本メディアは押され気味だといわれていますが、いかがでしょう。 

 

 

 

PVやCDジャケットの構図など、クリエィティブでの競争も問題視されています。    

 

 

 

観光は、米国文化の浸透が日本より高いといわれており、音楽の文化的表現も日本より国際的な感じがすると感じられるそうです。 

  

 

 

観光のミュージックシーンやスクリーン業界で海外進出を進める事も盛んです。  

 

 

 

 

英語圏の方々からすると、日本の音楽は音域、リズム、楽器で表現するの音の幅、英語圏の韻律や強勢を美しいとする古典文化的の影響もあり、新鮮で新しい音楽のイメージに差異がでるといいます。 

 

 

 

 

最近では、ヨーロッパ最大のジャパンエキスポでも、音楽は見せ場です。また、日本の観光の目玉にもなっています。現代のサブカル日本文化、アニメーションやコミカルなアイデアに惹かれるといいます。 

 

 

 

 

日本はまたまだ、広告業界、テレビ業界がミュージックシーンの売れ行きに力を持つ国や街が支流です。 

 

 

 

 

何となく似ている、J-POPとK-POPですが、これからも個性が際立つアーティストの誕生が楽しみです。 

 

image (14)

 

海外の評価K-POP vs J-POP 


 

・Girls Generation  

トータルにパーフェクトなグループ。ファンへの感謝がをわすれず、フェイクなイメージはない。楽曲のタイトル楽曲に特徴があって、歌詞もすごく良い! 

 

 

・きゃりーぱみゅぱみゅ 

面白い!日本っぽい!ショッキング!音楽のリズムが良い! 

 

 

・Perfum 

クリエィティブなぱに人人気絶大です。またまた、可愛いらしい容貌も人気のグループです。意外な事は、海外からAKB48 と比較対象となっています。 

 

 

・AKB48 最高なグループとJ-POPファンからの人気絶大です。 アイドルグループとして認知度あります! 

 

 

 

・EXO クールなバンドとして大人気です。瞬時にトップに上り詰めた才能に注目! 

 

 

・E-Girls ダンスの凄さと歌唱力が魅力です。エネルギーあふれるユニークなグループです。美少女達への注目度が高い! 

 

 

 

ダンスミュージックの流行 


 

しかし、アイドル路線グループ以外は、派手なダンスミュージックが支流なのが分かります。 

 

 

 

チャーミングな個性とはっきりしている。熱を帯びた情熱を感じるJ-POP。ミニスカートにサーカスダンサーの様

 

 

な華やかな衣装が可愛い! 

 

 

 

ストリート感とアーバンミックスで、エンターテイメント性が魅力。また、少しロマンティックなK-POP。 

 

 

 

 

◾K-POP/J-POP衣装対決 


 

J-POPは下着などミニマムな用途のものにフリルやデコレーションを施した、エキセントリックでコスチューム感覚。 

 

 

 

K-POPは、シーティ歩きができそうな、ミニマム丈のドレスや、ヒップとレッグラインを強調したボトムスが特徴。 

 

 

◾︎ミュージックシーン 

歌唱力ある、アーティストが増えてきて、歌の表現力の幅も広がっています。 

 

 

 

アーティストのスタイルの進化系が非常に楽しみです。新しいクリエィティブパワーと、新たなトレンド発信がどんどん生まれてきます。これからのミュージックシーンの展開が楽しみです。

 

 
【PR】

おしゃれなドレスがいっぱい!!

大切な日を彩るパーティードレス通販GIRL
多数の芸能人が愛用する腕時計ブランド!!
注目の腕時計ブランド「BRILLAMICO」公式サイトはコチラ
Facebookを利用した婚活・恋愛マッチングアプリ!!
pairs

 

 

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード