気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

【画像】五郎丸歩はゲイ・おねぇに人気?嫁やポーズの意味とは?

スポンサードリンク
Pocket

ゲイ・おねぇに人気?五郎丸歩とは?


 

画像①

五郎丸歩(ごろうまるあゆむ)は1986年3月1日生まれです。身長は185cm、体重は100kgです。ちなみに、五郎丸歩はラグビー選手としては細身の体型だったため、日本代表選出後、監督の指示により食事やトレーニング量を増やし、体重を三桁にのせたそうです。血液型はB型です。

 

五郎丸歩は、福岡県福岡市出身です。

五郎丸歩は三人兄弟の末っ子で、1歳年上の兄、五郎丸亮もコカ・コーラレッドスパークスに所属するラグビー選手です。

 

五郎丸歩の好きな食べ物は「トンカツ」、嫌いな食べ物は「レバー」です。

 

また、「釣り、マリンスポーツ」を趣味にしており、今一番興味のあることに「ジギング(釣り)」、今一番欲しいものは「STELLA(釣り具のリール)」です。また、チームメイトやファンにおすすめしたいものは「夏の夜釣り」だそうです。

 

ラグビーについては、試合前に必ずすることとして、「銭湯で心身ともにリラックスする」と「遠征先では自分の荷物をまとめておくこと」をあげています。二つ目については、どのような状態で試合を終えた(怪我をして病院に運ばれたり、など)としても、チームや周囲に迷惑をかけないための心がけだそうです。

 

 

五郎丸歩は現在、ヤマハ発動機ジュビロに所属しています。ポジションはフルバック(FB)です。また、日本代表キャップは「57」です。

 

 

 

ラグビー日本代表・五郎丸歩の経歴


 

五郎丸歩がラグビーを始めたのは3歳のときです。ラグビー好きの両親が近所にあったラグビースクールに入れたのがラグビーを始めたきっかけです。このとき、同じくラグビー選手の兄、五郎丸亮も一緒にラグビーを始めました。

 

 

福岡市南区鶴田小学校に入学後、小3の夏からは鶴田サッカークラブに入部し、サッカーを始めました。この頃の五郎丸歩はラグビーよりもサッカーに夢中で、5年生の頃には、小学生にして160cmという恵まれた体格を生かしてセンターバックとして活躍しました。6年生では、南区選抜や福岡市選抜にも選ばれています。

 

 

中学校は、福岡市南区老司中学校に進学しました。中学校では、学校のサッカー部に所属しつつも、筑紫ヶ丘ジュニアラグビースクールに通い始めました。サッカーとラグビーを両立していたものの、この頃から、五郎丸歩の興味はサッカーからラグビーへとシフトしていきました。

 

 

高校は、兄が通っていた佐賀工に入学します。高校時代は、ラグビー一本に集中し、全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)に3年連続出場、3年連続ベスト8に入りました。また、2002年、2003年の全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会では、ともに準優勝しています。

 

 

さらに、2002年の高知国体少年男子に佐賀工が佐賀代表として出場し、優勝しました。U17日本代表にも選ばれています。

 

 

高校卒業後は、早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年生からフルバックのレギュラーとして活躍します。大学では、全国大学選手権優勝を経験しました。また、大学生だった2005年3月に初めて日本代表に選出されました。4月16日の対ウルグアイ戦で、日本代表デビューを果たしました。

 

2008年4月、五郎丸歩はトップリーグのヤマハ発動機ジュビロに入団しました。トップリーグでもすぐに活躍するだろうと周囲はもちろん本人も考えていましたがが、意外にも、ここで五郎丸歩は伸び悩みます。

 

 

五郎丸歩は当時のことを振り返って、「個人の目標を全く持っていなかった。技術も含め、全てが足りなかった」と語っています。ちなみに、五郎丸歩の座右の銘は「日々の努力、夢への近道」で、この後、その言葉の通り、五郎丸歩はトップリーグで活躍するために猛練習を開始します。

 

ラグビー選手として挫折を味わった五郎丸歩は、厳しい練習を重ね見事復活、プロリーグでの快進撃を始めました。2010年9月4日の対NECグリーンロケッツ戦では、トップリーグ新記録となる1試合8ペナルティゴールを決めました。

 

 

その後、2011-2012シーズンの得点王(182得点)およびベストキッカー(38G/32PG)を初受賞、次の年には2012-2013シーズンの得点王(160得点)およびベストキッカー(40G/25PG)を2年連続で受賞しました。チームとしては、2015年、第52回ラグビーフットボール選手権大会で初めて優勝、もちろん五郎丸歩も優勝に貢献しました。

 

 

2015年、ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選出されました。

 

 

そして、9月18日、ラグビーワールドカップイングランド大会が開催されました。翌日の9月19日、日本のラグビーにとって歴史的一戦となる対南アフリカ戦で日本代表は大金星をあげます。この試合で、五郎丸歩は34点中24点をあげ、日本だけでなく世界の賞賛を集めました。

 

 

画像②

ちなみに、五郎丸歩の著書、「不動の魂 桜の15番 ラグビーと歩む」が2014年に発売されています。

 

 

 

五郎丸歩のポーズの意味とは?


 

画像③

五郎丸歩は、プレーキックを蹴る前に独特のポーズ(左手の人差し指、右手の人差し指、中指、薬指を立て、小指は左手に被せるポーズ)をとることで世間の話題を集めましたが、このポーズやキックまでの一連の動きは「ルーティン」と呼ばれるもので、精神統一や集中力を高めるためのものです。

 

ラグビー選手のルーティンで有名なのは、元イングランド代表のジョニー・ウィルキンソン(2003年ワールドカップ優勝メンバーおよび大会得点王)で、五郎丸歩はジョニー・ウィルキンソンに倣ってルーティンを取り入れたそうです。ちなみに、ルーティンを取りいれているスポーツ選手は、多くおり、たとえば、イチロー選手のバッターボックスでの動きもそれにあたります。

 

五郎丸歩の場合、手を組み合わせるポーズが独特すぎるため、そればかりが注目されていますが、実際には、五郎丸歩のキックの前のルーティンはあのポーズだけではありません。キックを蹴るときには、まずボールを2回転してからセット、その後3歩下がり、さらに2歩右に移動します。例のポーズをした後に、やっと蹴るのです。

 

 

実際に、このルーティンには効果があるらしく、2014年のゴール成功率は81.4%を記録しました。また、2015年10月現在、日本代表テストマッチ最多得点記録保持者でもあります。

 

 

 

 

ゲイ・おねぇに人気の五郎丸歩。嫁や家族は?


 

五郎丸歩は、甘いマスクにさわやかな笑顔、そして顔とギャップのあるマッチョな体型で女性だけでなく同性ファンをも魅了しています。試合中に見せるタフな男らしさやかっこよさゆえに、ゲイ・おねぇが理想とする男を体現しているのです。

 

 

ゲイ・おねぇやファンには少し残念な情報かもしれませんが、五郎丸歩は既婚者です。嫁さんとは、学生時代に付き合い始め、大学卒業と同時に結婚しました。お子さんは2人います。2人とも男の子です。

 

 

上の子は幼稚園、下の子は2歳くらいという情報がありますが、たしかな情報かは不明です。また、嫁さんは長身のスレンダー美人で、モデルをしていた(している?)という噂がネット上にありますが、こちらも確証はありません。

 

五郎丸歩の家族についての情報が少ないのは、五郎丸歩自身の過去の経験によるものです。五郎丸歩はファンによるストーカー被害に遭ったことがあり、その際、嫁さんを巻きこんでしまったそうです。

 

 

そのため、五郎丸歩は嫁含め家族をメディアに出しません。ワールドカップでの活躍後、週刊誌に家族の写真が掲載されましたが、五郎丸歩自身の方針は変わらないでしょうから、今後も家族の情報が流れることはないでしょう。

【PR】

おしゃれなドレスがいっぱい!!

大切な日を彩るパーティードレス通販GIRL
多数の芸能人が愛用する腕時計ブランド!!
注目の腕時計ブランド「BRILLAMICO」公式サイトはコチラ
Facebookを利用した婚活・恋愛マッチングアプリ!!
pairs

 

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード