気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

向井理主演ドラマ「遺産争族」が人気!妻国仲涼子との子供は?

スポンサードリンク
Pocket

遂に10月22日木曜日夜9時から、テレビ朝日系ドラマ『遺産争族』が放送される事になりましたね。主演は数多くの話題作に出演中のイケメン俳優、向井理さんです。向井理さんと言えば、イケメン俳優として常にランキング上位を占めています。今回は向井理さんが『遺産争族』抜擢された理由、向井理さんの経歴、奥さんである国仲涼子さんとの馴れ初めや子供についてまとめてみました。

 

向井理さんの経歴


 

向井理①

本名:向井理

生年月日1982年2月7日生まれ

出身地:神奈川県横浜市

身長:182cm

血液型:O型

職業:俳優

配偶者:国仲涼子(2014年~)

主な作品:『ハチミツとクローバー』『メイちゃんの執事』『ゲゲゲの女房』など

 

自営業の父と元英語教師の母を持つ向井理さんは、2人兄弟の弟として生まれました。お兄さんはファッションデザイナーをしているそうです。向井理さんはほとんどプライベートの事を語りませんが、それは以前家族の事を語った際に心ないファンからイタズラ電話が多くかかってきた事が原因のようです。

 

幼い頃の向井理さんはわんぱく少年で、サッカーばかりしていました。向井理さんがサッカーを始めたのは6歳の頃で、小学校1年生の時です。それ以来サッカーに熱心に取り組み、高校生まではサッカー部に所属していたのだとか。つまり向井理さんのサッカー歴は12年!しかしそこまで目立つ選手ではなく、レギュラー選手ではなかったそうですが努力の結果、高校生で初のレギュラー入りを果たしました。

 

向井理さんはかなりの努力家のようで、努力の賜物と言えますね。ちなみにこのサッカーの腕前ですが、『炎の体育会TV』にて披露していましたがかなり上手に思えました。ちなみにレギュラー入りを果たした高校時代ですが、向井理さんが通っていた高校は『神奈川県立氷取沢高等学校』だと言われています。

 

偏差値57の進学校であり、サッカー部も優秀な成績を残していたそうです。向井理さんは頭が良く、サッカー部でイケメンということもあり、当時から女子からかなりモテていたそうです。実際にファンクラブも設立されるほどの人気ぶりだったようです。ファンクラブができるなんて、相当の人気ぶりがうかがえますね。

 

そんな向井理さんですが、全く芸能界に興味は無かったようで大の動物好きという事もあり、獣医を目指していました。1浪後、明治大学農学部生命科学科へ進学し、遺伝子工学を専攻したそうです。真面目に研究に取り組んでいた結果、第29回国際動物遺伝学会議『ベストポスターアワード』を数名のメンバーで受賞する事になりました。

 

 

かなり真面目に研究に取り組んでいた証ですね!そんな向井理さんを知る、研究室の丸山公明教授は「向井君は非常に優秀な学生でした。英語での質疑応答も立派で、論文提出の過程で19個の遺伝子を作った。時間もかかり、半端な仕事ではありません。」と語っています。

 

遺伝子を19個作る事がどれだけ大変な事なのか、素人の私たちにはわかりませんが教授が言うのなら相当に大変な事なのだとわかります。周りが続々と有名企業に内定をもらう中、向井理さんは研究者としての道ではなく、バーテンダーとしての道を選びます。

 

というのも、大学時代にアルバイトとして渋谷のカフェバーでバーテンダーを務めていたのが理由のようです。向井理さんは持ち前の努力家精神を発揮し、バーテンダーとしてのプロ意識が高くレパートリーは500個を超えていたそうです。

 

 

大学院に進学するか、就職か悩んでいる時に勧められそのまま就職することになりました。バーテンダー歴は6年でその内1年は店長を務めました。老舗バーでの経験もあり、芸能人が訪れる事もあったそうです。そんな向井理さんが芸能界入りしたのは、バーテンダーとしての勤務中に受けたインタビューがきっかけとなりました。

 

 

数々のスカウトマンに声を掛けられたそうですが、全く芸能界に興味が無かった向井理さんは断っていたそうです。しかし芸能界入りを決めたのは、スカウトマンの熱心さに心打たれたからだそうです。そのスカウトマンでなければ向井理さんの心を動かす事はできなかったかもしれませんね。ちなみに芸能界入りを決心したのは、「人見知りを直すため」だそうです。

 

今では誰もが知るイケメン俳優ですが、突然の転機が芸能界に引き合わせたのかもしれません。

 

 

向井理さんと国仲涼子さんとの馴れ初め


 

向井理②

 

向井理さんと言えばイケメン俳優で、恋するファンもたくさん居たので向井理さんと国仲涼子さんの結婚報道ではかなりワイドショーを賑わせましたね。奥さんの国仲涼子さんの簡単な経歴と、馴れ初めを見てみましょう。

本名:向井涼子

生年月日:1979年6月9日

出身地:沖縄県那覇市

身長158cm

職業:女優

主な作品『ホタルノヒカリ』『HERO』など

 

向井理さんと国仲涼子さんが出会ったのは、2012年に放送されたドラマ『ハングリー』での共演がきっかけになりました。『ハングリー』では主演を務める向井理さんの恋人役を、国仲涼子さんが演じました。ドラマ放送中から数人で食事などに行っていたそうですが、ドラマ終了後から正式に交際をスタートさせたそうです。

 

 

週刊誌にデートの様子がスクープされ、大騒ぎになった事もありますね。当初は2人とも熱愛報道を否定しており、向井理さんは北川景子さんや石原さとみさんなど、多くの女優さんと熱愛報道があったので破局したという説がありましたが、実際に結婚したという事は周りに気付かれないように愛を育んでいたのではないでしょうか。

 

 

しかしお泊まり報道が流れると、半同棲状態を認め結婚報道が発表されました。本来はもっと早くに結婚したかったそうですが、大ブレイク中だった向井理さんは休みがないほど引っ張りだこだったため、実現しませんでした。出産を希望していた国仲涼子さんをこれ以上待たせるわけにはいかない、と結婚を決意したそうです。

 

 

そんな2人ですが、2015年9月30日に双方の事務所の公式サイトにて男児を出産したと発表されました。国仲涼子さんは「言葉にならない程の感動を与えてくれた可愛い新しい命が家族の一員となり、とても幸せな気持ちです」「今までの生活に母という大仕事が加わり、また新しい気持ちで頑張りますので、これからも宜しくお願い致します」とコメントしました。

 

 

また向井理さんも、「先日、私達夫婦に元気な男の子が産まれました。母子共に健康で、とにかく今は妻と子供、そして支えてくれた方々に感謝の気持ちしかありません」「命を繋ぐという大偉業を成し遂げてくれたことに、大きな感動と共に引き締まる思いです」「これからは、今以上の覚悟と、新たな気持ちで歩んでいく所存です」とコメントしています。文面から見ても、感動と喜びとこれからの決意を感じる事ができますね。

 

 

向井理さん、『遺産争族』抜擢理由


 

向井理さんサイドとしては、今回の『遺産争族』は勝負と言っても過言ではないほどの作品です。というのが、向井理さんの主なファン層は女性であり、国仲涼子さんとの結婚報道以来ファン離れが懸念されているのです。実際、結婚以来の作品の視聴率が伸び悩んでおり『向井理は数字を持っていない』と言う業界人も居るほどです。そんな向井理さんですが、やはり華があるので制作サイドとしても希望を捨てる事ができないのではないでしょうか。

 

まとめ

向井理③

いかがでしたか?向井理さんの経歴や国仲涼子さんとの馴れ初め、『遺産争族』抜擢理由など、おわかりいただけたでしょうか。『遺産争族』の数字や、これからの向井理さんの活躍に期待しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してください♪

Twitter で
Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード