気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

映画『マイ・インターン』に共感する女子続出!

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件ww

PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!
スポンサードリンク
Pocket

マイ・インターン公開!!


10月10日から公開。
10月注目度、ナンバーワン。
絶賛公開中。

 

映画『マイ・インターン』レビュー


プラダを着た悪魔の続編です。

女性から非常に共感を得ています。

 

 

米国版の予告と日本版ではPRにおいて差異が有りますが、ファッションサイトCEOのジュールズ(アン・ハサウェイ)とインターンベン(ロバート・デ・ニーロ)のフレンドシップがテーマです。

 

 

 

 

日本公開において、沢山の美容業界やファッション業界の著名人から共感やサポートが寄せられている本作。すべてをあきらめなくて良い!

 

 

心から、大人のファンタジーに涙してみてはいかがですか?

 

 

共感出来る内容に仕上がっています。
新しい、働く女性への応援ムービー誕生です。

 

 

 

主人公ジーュールズは、会社の創始者としてCEOとして、家族、夫、娘に対し悩みまくります。

働くママというより、1人の女性として、自身を見つめてゆくきっかけを70歳のシニアインターンとの出会いから学びます。

 

 

 

 

最初、どう見ても、ジュールズは70歳のインターンの登場にがっかり。

しかし、インターンというより、自分の頑張りを認めてくれる、理想の父のイメージにも近いベンに友情を感じはじめる。

 

 

愛す夫とのセックス問題や生活。
愛する我が子。
家族との生活。

 

 

 

仕事に押しつぶされる様に、いつも仕事に追われ悩むジュールズ。

誰もが羨むパーフェクトな女性CEO。女性が働く中、またまだ世間の波風に翻弄される社会問題の定義。

 

 

1

愛する人達が望む様に、生きる訳にはいかないポテンシャルやキャリアの狭間で生きている主人公ジュールズ。

 

 

 

一方、歳おいてゆき、何処かさみしく生きるベンは、やり甲斐や楽しみを求めて、シニアインターンのプログラムに参加して、ボスのジュールズと出会う。

 

 

 

夫婦の関係や恋人では、得ることのできない経験。
年齢差が生み出す、男女や仕事を超えた関係。

 

 

 

 

人は真面目に大切な何かの前で、役割や義務を果たす事に躍起になる。

山積みの仕事。

1日24時間の限られた時間。

 

 

 

男女関係なく、今の日本でも共感を得るであろう、現代のおとぎ話。

今シーズン、一番の注目作マイ・インターン。

 

 

 

 

さて、米国版は、米国で人気の高い、働くママの応援要素が強いプロモーションです。

2015年のニューヨークが設定なのだが、何処か時折地球みたいな…という感覚だとか。アカデミー俳優デ・ニーロの紳士振りにも、世間では出来すぎと評価が上がったりと、ニューヨークが舞台なだげに皮肉も多数あがっています。

 

 

 

 

前作、『プラダを着た悪魔』も、日本では大変ブームになりました。

トータルにファンタジームービーであり、ニューヨークの雰囲気やファッションが好きな方には大変楽しめる内容となっています。
毎日のうるおいに、是非お楽しみ下さいませ。

 

 

 

4

マイ・インターンのキャスト


・ジュールズ役 アン・ハサウェイ
主人公。新進気鋭のイーコマンス会社の創始者でありCEO

 

 

・ベン役 ロバート・デ・ニーロ
70歳のシニアインターン

 

 

・フィオナ役 レネ・ルッソ
ベンに好意を持つ女性

 

 

・ジェイソン役 アダム・ディバイン
ジュールズの部下

 

 

・マット役 アンダース・ホーム
ジュールズの夫。伝統的ジェンダーロールを逆さにした、フルタイムのパパとして家事全般を担う

 

 

・ペイジ役 ジョジョ・カシュナー
ジュールズとマットの娘

 

 

マイ・インターンのスタッフ


・監督/脚本/製作 ナンシー・マイヤーズ

<代表作品>
-2000-

『ハート オブ ウーマン』
メル・ギブソンとヘレン・ハント主演

-2003-

『恋愛適齢期』
ジャック・ニコルソンとダイアン・キートン主演

-2006-

『ホリディ』
ケイト・ウィンストン、キャメロン・ディアス、ジュード・ロー、ジャック・ブラック主演

-2009-

『恋するベーカリー』
メリル・ストリープ、アレック・ボールドウィン、スティーブ・マーティン主演

 

 

2
◼︎アン・ハサウェイ

アカデミー女優ながら、シリアスな作品や問題作など社会派ドラマ主演が少ない。

ファニーフェイスである事。

真面目そうに振る舞う度が過ぎる。

したたかさ。

 

 

 

など、女優としては、インディーズ作品等では、当たりにくそうな裏評判が名高い。

著名女子大ヴァッサー大からNYUへ編入して学んだ才女であり、社会慈善活動や社会貢献家として有名である。

ゴシップ紙がこぞって禁煙は妊活と報じるが、精力的次回作や今後の活動が期待される。

 

<プロフィール>

Anne Jacqueline Hathaway
本名: アン・ジャクリーン・ハサイウェイ

1982年11月12日、アメリカ合衆国、ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区

1996年から舞台女優の経験もあるが、映画女優として活躍している。

 

 

〈代表作品〉
『プリティ・プリンセス』シリーズ

『ブロークバック・マウンテン』

『プラダを着た悪魔』

『レイチェルの結婚』

『アリス・イン・ワンダーランド』

『ダークナイト ライジング』

『レ・ミゼラブル』

 

<受賞歴>

-2012-
『レ・ミゼラブル』
アカデミー賞 主演女優賞

-2008-
『レイチェルの結婚』
放送映画評論家協会賞 主演女優賞

-2012-
『レ・ミゼラブル』
放送映画評論家協会賞 主演女優賞

-2012-
『レ・ミゼラブル』
英国アカデミー賞 助演女優賞

-2010-
『ザ・シンプソンズ』
エミー賞 ボイスオーバー・パフォーマンス賞

-2012-
『レ・ミゼラブル』
ゴールデングローブ賞 助演女優賞

-2012-
『レ・ミゼラブル』
全米映画俳優組合賞 助演女優賞

 

 

3

◼︎ロバート・デ・ニーロ

<プロフィール>

Robert Mario De Niro, Jr.

本名:ロバート・マリオ・デ・ニーロ

1943年8月17日、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市生まれ。

1969年俳優として、活動を開始。

1974年 初のオスカー
1980年 2度目のオスカー
1988年 製作会社設立
1993年 映画初監督

 

役者として、徹底した役作りで有名です。

 

 

『ゴッドファーザーⅡ』
・シチリアに住む
・イタリア語をマスター
・マーロン・ブランドのしゃがれ声を完全に再現

『タクシードライバー』
・N.Yで3週間、タクシー運転手を経験

『ディア・ハンター』
・作品の舞台となったピッツバーグに、偽名で数ヶ月住んでから撮影に入った

・鉄工所で働こうと試みたが、現地の人間に受け入れてもらえなく断念

 

『レイジング・ブル』
・ミドル級ボクサーの身体作りに続き、引退後設定に合わせ体重を20キロ増加させた
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』

・ユダヤ人家庭にホームスティを実施

『アンタッチャブル』
・前髪を剃り上げ、アル・カポネ役に徹した

『ミッドナイト・ラン』
・賞金稼ぎに同行し、手順を学んだ
<代表作品>

『ゴッドファーザーPARTⅡ』

『タクシードライバー』

『ディア・ハンター』

『レイジング・ブル』

『アンタッチャブル』

『グッドフェローズ』

『ヒート』

『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズ

 

 

<受賞>

-1980-
『レイジング・ブル』
アカデミー賞 主演男優賞
-1974-
『ゴッドファーザーPARTⅡ』
アカデミー賞 助演男優賞
-1980-
『レイジング・ブル』
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)
-2010-
セシル・B・デミル賞
長年の功績に対して
<プロデュース作品>
-1995-
『パンサー』クレジットされていない
-1999-
『ウィズアウト・ユー』
-2002-
『アバウト・ア・ボーイ』
-2005-
『レント』
<監督作品>
-1993-
『ブロンクス物語/愛につつまれた街』

-2006-
『グッド・シェパード』

70歳をこえた今も、監督やファンに愛される作品です。

 

 

主演アン・ハサウェイも実は、俳優ロバート・デ・ニーロとの共演を熱望し、今回希望が叶いました。

役者陣も、演技に定評のある役者達と新人達がそろう作品となり、華やかです。沢山の視聴者の心を捉えるはずです。

Pocket

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


モンドセレクション金賞受賞!女性らしい美ボディにることができるサプリメント!初回特典あり。


PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード