気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

ダイソーのデイリーワインがすごい!海外土産・メイク・DYIだけじゃない!

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件ww

PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!
スポンサードリンク
Pocket

【検証】ダイソーの100円ワインがうまいらしい!本当かどうか飲んでみた!


 

◼︎Masuo TVとは
同業ヒカキン氏と古くからの親友で、新潟出身。

見てるとなんだが誰でも出来そうな、楽しい動画を投稿。

タレント事務所に所属しています。

 

 

 

お酒が平気な人柄で、楽しくワインのテースティングをする、この面白い動画をご紹介いたします。

1

◼︎【検証】の感想

何だか楽しい動画です。

先ず、丁寧な商品紹介から始まります。

次に、注ぐ。

 

 

 

動画では、ダイソーワインが何だがオシャレ要素が高くなってきています。

リーズナブルなワインとの比較でしょうか?

安いイコールうまくないとのイメージが、ワインは根強く、あるようです。

 

 
ロゼの色は綺麗なピンクではありませんが、ティスティングでは、驚くほど味が良い様子。

美味しいそうです。

シャルドネもスッキリ飲みやすい様子。

 

 

 

気にかかってたシラー。

既にネットなどで前評判も確認すみの上、ティスティングタイム。

美味しい様子。

メルローは、濃く味わい深さ。

人がワインを飲んでても面白いはずがないのに、何だか楽しい。

 

 

人柄?

ラベルは安っぽいが、流通に安価な秘密があるそうですが、安い。

 

 

 
安いアルコールはクオリティより、お酒好きか飲み出すと止まらない人達には気になるダイソーワイン。

晩酌が発泡酒になったお父さん方。

 

ここいらで、ダイソーのワインを取り入れるのもありかもしれません。

ワインを大衆的に飲むヨーロッパでさは、最近ワインの消費が減っています。日本酒もさながら、今や伝統的・文化的酒が海を越えて、行きかいます。作り手も新たな消費者を探し大奮闘!

 

 

外国製品は高くありがたい感覚もありますが、流通経路の整頓により、消費者にも豊かな提供が現実化されます。

中々、面白い試みです。

 

 
ダイソーワインは、日本市場に定着するのか?

モデルマーケティングやリティリング、ディストリビューションになるのか楽しみです。

 
トータルに、酔いながらのティスティングですが、全体的に、缶ビールより安く発泡酒なみですので、今後、選択肢として申し分の無い、商品紹介です。

 

 

 

また、美味しいそうに飲む姿には、何やら飲んでみたい気分がもりあがります。

 

ワイン


とにかく、ダイソーワインが人気。
コスパ良し。250mlが108円

 

 

味がまた、デイリー・テーブルワインとして、美味しい。

発泡酒と同じ辺りの価格設定です。

 

 

 

2〜3年前から、ダイソーブランドのワイン販売を考慮し、流通を考えたからとにかくリーズナブル。

 

 

2

◼︎ワイン
赤・・・シラー
赤・・・カベルネ
赤・・・ピノロワール

白・・・シャルドネ
白・・・ヴィオニエ

ロゼ

 

 

 

◼︎安い秘密
瓶詰め段階から行い、船で運び込むのが、安いルート確保ですが、結局安いワインは直ぐ悪くなるので、早目にディスカウントでも売りたい。

 

また、話題作りがあるようですが、ダイソーでははっきりとしたコメントはだしていません。

 

 

 

◼︎美味しいらしい
・メルロー はしっかりした味

・ピノノアールは葡萄らしい味わい

・シャルドネは爽やかでスッキリした味

・ヴィオニエ はフランスラングドッグ地方産のバランスの良い味わい

・シラー 肉料理に合いそう

・ロゼはフランスラングドッグ地方産のフレッシュな味と香り


l3

◼︎前評判
シラーが美味しいと評判です。

値段に合わず、びっくりする美味しいさ。

安いワインが苦手な方も飲めたりするんだとか。

試してみたくなります。
◼︎ワインのテイスティングはちょっと面白い!

学生の時とか、安いワインしか飲めない経験はないでしょうか?

3人集まる時、2人が1本づつ持ち寄れば、1.5リットル。しかし、すぐ飲み干してしまいます。

ダイソーワインだと、単純に1人2本分。ワインは好き嫌いが多いけど、皆で飲むのも楽しい!

また色々な味が楽しめるのは、大変嬉しい限りです。

 

ダイソーオシャレライフ


オシャレとは、そもそも語源が、曖昧な日本語。

感覚でしかオシャレはつかめない。

 

 

 

毎日が少しオシャレになるには、日々洗練と意識。また、向上心が必要です。

ダイソーのメイクは今や、学生やオシャレフリークには定番。秀作が多々あります。

また、食器、キッチン、掃除、ガーデニングなと、ライフ向上につながる商品が目白おし。

 

 

BGMや音楽。

観葉植物。

インテリア雑貨。

ちょっと、ひと手間プラスでオシャレ度アップ。

 

 

新しいインテリア購入や、手始めに使いえるからなど、ダイソー商品でチェック。

流行にも敏感なダイソーのマーケティング!

巷ど流行り始めたらすぐ、ダイソーの棚に出回ります。

 

 

ワインは流行?

グラスワインがに会う男子は、高給取りなイメージ?

繊細なワイングラスは、ビールジョッキでグバァっと飲む感じとは違い、丁寧に扱わなくてはなりません。

 

 

女子がチェックするのは、男子の優しさや繊細さ?

とにかく、飲みなれることで、洗練され、安定したライフスタイルにある姿が生まれます。

 

 

オシャレな彼女と、何時もと違う雰囲気を作りたくて、イタリアンやフレンチデートの時に見てるとこ分かってますか?

美味しい食事は勿論。また、女子はワイングラスの持ち方から、ワインを唇に運ぶ姿、ワインの味を喉や唇、鼻腔を通して、お互い離れて楽しむのをしっかり観察しています。

 

 

ワイングラスを持つ時、正面ですか?

横を向きますか?

グラスを傾ける角度は自然ですか?

 

 

 

美味しいワインを飲む為に生まれたワイングラス。

オシャレで洗練されるには、ダイソーワインで日々練習や、慣れも良いのではないですか?

 

 

 

見た目でやスタイル。ワインマナーにハードルが高いと感じたら、身体に馴染むまで、心地よい姿勢を追求してみましょう。

相手の目を見てワイングラスを傾けるのか?

グラスを回して空気を含ませ味わうのか?

 

 

 

 

日常にまたまだ馴染まないが、外で気負わずワインを楽しみたいなら慣れも必要です。

是非、実戦して下さい。

 

 

ワインの基本


 

ワインは世界中で愛されている、アルコール飲料ですが、日本では果実酒に分類されています。

ワインは主に3種類に分けられます。

 

 

<白>

色は無色に近い透明から、少し黄みがかってる。白ブドウの皮の様に少し緑がかったものもある。
原料は白ブドウであり、発酵には果汁を使う。

酸味の強いものは一般的に、魚介類に合うとされる。

辛口から、デザートワインの様なねっとりとした甘口など、幅が広いのも特徴です。

 

 

<赤>
ブドウを連想する様な、濃い紫や透き通った赤、または、赤褐色があります。

一般的には、白ワインより渋みの成分であるタンニンを沢山含んでいるので、長く保存が可能です。メインは黒ブドウや赤ブドウを原料にし、果実皮丸ごとでアルコール発酵させます。

この発酵の段階で、果皮の色素やタンニンが抽出されて、赤ワインの色が生まれます。
味については、濃厚なものは一般的に、肉料理が好まれます。

 

 

<ロゼ>

フランス後ではピンクを表します。
時にピンクワインともいわれる所以です。色味は赤みをおびた、淡い色調を表します。

ロゼは、白ブドウを使う醸造、赤ブドウを使う醸造をミックスしたりします。赤ブドウに白ワインの醸造を使い、白ブドウに赤ワインの醸造を使うといった具合です。赤ワイン作りの途中で、果皮を取り除くなどもあります。

 

 

 

<味わいバランス>

白ワインは、酸味や旨味。赤ワインには渋みが加わり、風味のバランスがワインの美味しさにつながる。

 

 

<ワインの主成分>

・水
・エタノール
・各種有機酸

Pocket

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


モンドセレクション金賞受賞!女性らしい美ボディにることができるサプリメント!初回特典あり。


PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード