気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

三吉彩花がエンジェルハート出演!父や性格、熱愛彼氏は?

スポンサードリンク
Pocket

三吉彩花の性格などの基本情報は?


 

画像①

三吉彩花(みよしあやか)は1996年6月18日生まれ、ふたご座です。血液型はB型です。身長は171cm、体重49kg、スリーサイズは82-60-90です。また、三吉彩花の魅力の一つが長い手脚です。股下は85cmと身長の49.7%、約半分が脚なのです。ちなみに靴のサイズは25cmです。

 

 

三吉彩花は埼玉県の出身ですが、高校は、多くの芸能人が通うとして有名な堀越学園を卒業しています。特技はダンスと歌、好きな食べものは「豆腐とイチゴ」です。「ラーメン」も好物だが、栄養を意識して食べるのは控えているそう、普段の食事は和食が多いそうです。

 

 

三吉彩花の尊敬する芸能人は「山田優」です。三吉彩花自身が、山田優と同じクールビューティー系モデルであることが、憧れの理由の一つかもしれません。趣味は「韓国ドラマやK-pop」です。

 

 

三吉彩花は「クール」な性格で、若い女の子特有のキャピキャピした感じは苦手な性格だそう、しっかりした性格の女性です。また、モデルや女優としてプロ意識は高いです。

中学生の頃にはすでにプロのモデルとしての自覚があり、「身長は親の遺伝で大きくなるのは分かっている。高身長の場合、脚が太いのは美しくない」といって、鍛えたり半身浴をしながらのマッサージなど美脚ケアを徹底してそうです。

 

高校生の頃には、美脚トレーニングのため授業中に片足を上げていたため、先生に怒られたというエピソードも持っています。ちなみに、三吉彩花の理想の美脚は「細すぎず、ほんの少し肉感がありつつ、締まっている脚」だそうです。

 

 

三吉彩花は大手芸能プロダクション「アミューズ」に所属しています。デビュー後はモデルとしてデビューしましたが、その後、アイドルグループに所属し歌手デビュー現在は、テレビドラマや映画へと活動の場を広げています。

 

 

三吉彩花は、同じ事務所に所属し「さくら学院」のメンバーとして一緒に活動した松井愛莉や、雑誌「Seventeen」のモデル仲間である広瀬アリスと仲がよく、プライベートでも遊ぶことがあるそうです。

 

 

 

三吉彩花のデビューのきっかけや経歴


 

三吉彩花は小学1年生のとき、読者モデルとして雑誌に掲載されましたが、そのときは正式なプロデビューとはなりませんでした。

その後、小学3年生の時、原宿でスカウトされて、大手芸能プロダクション「アミューズ」と契約、正式なモデルデビューを果たします。

その後、「ニコ☆プチ」の事務所オーディションに合格、初登場は「2008年7月号別冊ニコ☆プチ夏号」でした。雑誌「ニコラ」の専属モデルとして活動しましたが、2010年6月号をもって、専属モデルを卒業しました。

 

 

 

2010年5月からはアミューズのアイドルグループである「さくら学院」のメンバーとして活動を開始しました。さくら学院では、得意のダンスや歌を生かし、歌手デビューも果たしています。

 

また、同年8月18日には、「ミスセブンティーン2010」に合格し、「Seventeen」の専属モデルになります。Seventeenでは、長身を生かしたモデルらしいモデルとして、同世代の読者の憧れの的になっています。

2012年3月25日、高校生になったのを機にさくら学院を卒業しました。

 

 

三吉彩花の女優デビューは、2007年に放送された「オトコの育て方」においてです。その後、「夢の見つけ方教えたる!」(2008年放送)や「熱海の捜査官」(2010年放送)、また志田未来や神木隆之介など同じ世代の俳優が共演し話題となった「高校生レストラン」(2011年放送)など、立て続けにドラマに出演しています。

 

三吉彩花は女優としての実績を重ねるうちに、次第に重要な役に抜擢されることが増え、2014年に放送されたドラマ「GOT」では、メインヒロインの役を演じました。映画への起用も相次ぎ、「うた魂」(2008年公開)、原作小説が大ヒットした「告白」(2010年公開)、「旅立ちの島唄~十五の春~」(2013年公開)に出演しました。

 

いずれも主演ではないものの、三吉彩花の存在感や演技力が高く評価されています。

 

三吉彩花は若手女優がブレイクするきっかけの一つとなっている「三井不動産販売・三井のリハウス」の2006年イメージガールに抜擢されました。現在では、同世代の女性の支持を集めていることから、「NTTラーニングシステムズ大学受験倶楽部」や「資生堂シーブリーズ」、「リクルートジョブズタウンワーク」など、同世代に訴えかけるCMに起用されることが多いです。

 

画像②

 

三吉彩花の父など家族について


 

三吉彩花は一人っ子です。両親ととても仲がよく、三吉彩花自身、「お父さん・お母さんというよりも、お兄ちゃん・お姉ちゃんという感じ」と語っています。

 

母親とは、一緒にショッピングを楽しみ、また、お互いの洋服を交換して着ることも多いそうです。また、三吉彩花は以前、テレビで三吉彩花の父と母が写った家族写真を公開したことがあります。

 

このとき、父親の強面・サングラス姿を見たファンの間で「こわそう」「全然似ていない」「お母さん似だったんだね」と話題になりました。ちなみに、三吉彩花は父親の39歳の時の子です。また、三吉彩花は中学3年生のとき、雑誌「DIME」のインタビューで「父親が休みの日は、一緒にお風呂に入ったりします」という衝撃発言をしています。

 

三吉彩花の熱愛彼氏は?


 

これまで噂になった三吉彩花の熱愛彼氏について紹介します。

まず一人目の熱愛彼氏は、高校生の時のこと、ジャニーズジュニアの京本大我と新宿のカラオケボックスでデートしているのをツイートされました。美男美女のカップルのため、周囲の注目を集めてしまったようです。

 

 

 

このときは、ツイートをしたカラオケボックスの店員への非難も多くあがりました。ちなみに、京本大我は俳優・京本政樹の息子です。

 

 

 

 

二人目の熱愛彼氏は、同じくジャニーズの「SexyZone」メンバー・佐藤勝利です。噂の発端は、三吉彩花と佐藤勝利がメールアドレスを交換したという情報でした。「メールアドレス交換くらいで噂されるなんて」という気もしますが、そこは人気の三吉彩花と佐藤勝利のことですから致しかたないところもあるのでしょう。

 

 

 

 

また、三吉彩花と佐藤勝利が堀越学院で同じクラスだったことも、噂の根拠の一つになったようです。

 

 

 

 

最近の熱愛彼氏は、2014年に歌舞伎俳優の尾上松也との交際が報道されました。尾上松也は元AKB48の前田敦子との交際が報道されたばかりだったため、尾上松也の浮気ではないかと噂されました。三吉彩花と尾上松也はテレビ番組「メレンゲの気持ち」で共演しています。

 

 

 

 

三吉彩花【エンジェルハート】抜擢の理由


 

画像③

三吉彩花は、2015年10月11日からスタートする「エンジェルハート」(日本テレビ系)で上川隆也が演じる主人公・冴羽リョウの相棒・シャンイン役に抜擢されました。

 

 

 

三吉彩花がシャンイン役に抜擢された理由は「原作者の北条司さんが三吉彩花さんを見て、『シャンインがいる』と驚いた」からだと、ドラマ関係者は言っています。三吉彩花の171cmの長身や長い手脚が、原作者の目から見ても、シャンインのイメージとぴったり合ったということでしょう。

 

 

 

 

シャンインは、暗殺者として育てられたために心を閉ざしていたが、冴羽リョウとの生活の中で少しずつ人間らしい感情を取り戻していくという難しい役柄ですが、これを三吉彩花がどう演じるかが注目されています。

 

 

 

また、シャンインといえば、見どころは激しいアクションです。三吉彩花は原作のファンや視聴者をがっかりさせないために、アクションを猛特訓したそうです。元々、特技はダンスという抜群の運動神経の持ち主ですから、ファンや視聴者を満足させる演技をしてくれるはずです。

 

 

 

 

ちなみに、三吉彩花演じる「シャンイン」という名には、「宝石のように美しい」という意味が込められています。三吉彩花がこのドラマで、女優としてさらに輝きを増すことができるか、三吉彩花のファンだけでなく、原作ファンも注目していることでしょう。

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード