気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

【相棒】にも出演、名脇役赤塚真人とは!?

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件ww

PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!
スポンサードリンク
Pocket

名脇役赤塚真人(あかつかまこと)の基本情報


赤塚真人(あかつかまこと)は、1951年3月19日生まれのうお座、血液型はO型です。身長は169cm、体重は85kgです。茨城県出身ですが、少年期に家族とともに上京しました。中学校は都内の江東区立深川第三中学校を卒業しています。ちなみに、赤塚真人は芸名ではなく本名です。

 

 

名前の由来は、「真人間になりますように」という意味で、ろくに働かず家にいることも少なかった赤塚真人の父親が自身を反面教師にするために命名しました。所属事務所は(株)オフィスAMIで、劇団裏長屋マンションズの座長を務めています。

 

 

趣味は水彩画、作詞、ギターです。また、東北弁も得意で、山形でのラジオ番組に出演した際には、東北弁を披露しています。

 

赤塚真人のデビュー・経歴


赤塚真人は上京後、劇団ひまわりに入団したのをきっかけに演劇の道へと入りました。その後、東宝に入り、1967年「でっかい青春」で映画デビュー、青年・若者役として多くの映画に出演し、演技力を磨きました。

 

 

その努力が実を結んだのが、松竹映画「同胞(はらから)」に出演したときです。この映画では、忠次役を演じ、軽妙な演技が高く評価されました。この映画を機に、以前よりも重要な役を任されることが多くなりました。また、人気映画「幸福の黄色いハンカチ」や「男はつらいよ」などの山田洋次監督作品に立て続けに出演し、同監督作品の常連名脇役となりました。

 

 

赤塚真人は、映画の世界だけにとどまらず、テレビドラマにも積極的に出演しています。テレビドラマでは、土曜ワイド劇場などの刑事ドラマ・サスペンスドラマから「大岡越前」「暴れん坊将軍」「貴平犯科帳」などの時代劇ドラマまで幅広い役を演じました。

 

 

 

また、1991年には、NHK大河ドラマへの出演も果たしています。大河ドラマでは、岩松経家役をつとめました。特に出演回数が多いのが、人気時代劇「水戸黄門」です。「水戸黄門」には第15部から断続的に出演しており、最も最近では、2011年8月15日に放映された水戸黄門第43部第7話「家族愛にまさる宝なし・藤枝」に伝蔵役として出演しました。

 

 

さらに、現在絶大な人気を得ているテレビドラマ「相棒」にも、Season10第1話「贖罪」の益子英彦役、そしてSeason12第3話「原因菌」の円浩次役として2度出演しています。

 

 

赤塚真人は舞台での活動にも力を入れています。2002年には劇団TA2を旗揚げし、東京の小劇場を中心に人情喜劇を上演しています。同劇団は2007年夏に「劇団裏長屋マンションズ」と改名しました。

 

 

 

映画やテレビドラマ以外では、赤塚真人の友人がパーソナリティを務める山形放送ラジオ「なつメロリクエスト電話でこんばんは!(現「なつかし楽し歌謡アワー」)に頻繁に友情出演していました。

 

 

ドラマ「相棒」


赤塚真人は、人気テレビドラマ「相棒」に2度出演しています。1度目は相棒10第1話「贖罪」(2011年10月19日放送)です。この回は、相棒10シリーズの初回ということで、スペシャルドラマでした。

 

番組内容は、「15年前に尊の友人を殺害した犯人が、出所直後に自殺。彼の遺書には、自分が無実であることと、尊宛てに『絶対に許さない』という言葉が。特命係の右京と尊は、改めて過去の事件を調べ直すことに。やがて事件の思いも寄らない真相と、尊の隠された過去が明らかに」です。

 

このとき赤塚真人は、元検事で弁護士役の益子英彦役を演じました。2度目の出演は相棒12第3話「原因菌」(2013年10月30日放送)です。このときの番組内容は、「都内で大規模な食中毒騒ぎが起こる中、殺人事件が発生。被害者は食品卸売商社の女性社員。食中毒と殺人、2つの事件の関係は?」です。

 

このとき、赤塚真人は、ミヤ食品加工社長の円浩次役での出演でした。

 

赤塚真人の人柄・性格


赤塚真人の性格は至って明るく、ラジオやテレビでは得意の爆笑トークを繰り広げています。テレビ「ライオンのごきげんよう」では、妻が出て行ったエピソードを「子供が幼い時に、妻は買い物に出かけて帰らないまま15年が過ぎ去った」と笑いのネタにして披露しています。

 

 

 

また、元キャンディーズのメンバーで女優の田中好子さんとは「みごろ!たべごろ!笑いごろ!!」の中のミニドラマ「美しき伝説」で出会って以来、35年来の親友でした。キャンディーズ解散後に、自分の子供と田中好子さんと一緒に食事に出かけたこともあるほど、親しくしていた時期もあります。

 

 

 

田中好子さんの他界後、赤塚真人は文化放送「くにまるジャパン」内の「ラジオバイオグラフィー5冊のアルバム」のコーナーにおいて、田中好子さんとの思い出話と一緒に「あの人は本当にやさしい人なんです」と田中好子さんの人柄を話しました。このとき、赤塚真人は、田中好子さんについて、

 

 

自分はまだ好子さんの死を受け入れることができないけれども、故人の話をすることが一番大事なんですよ」「忘れられるのが、一番寂しいことだから」

などとも話しています。

 

赤塚真人の家族構成・息子について


赤塚真人は結婚後、娘・息子二人の子供に恵まれましたが、子供が幼い時に6歳年下だった妻と離婚しています。赤塚真人は当時のことを日刊ゲンダイ2012年3月19日に掲載されたインタビューで、

 

「あれは25年前です。6歳年下だった妻が買い物に行ったきり戻ってこないんです。京都ロケから帰ったら、子供2人で留守番してたから、『お母さんは?』って聞くと、『買い物に行った』って。それっきりですよ」

と語っています。

 

 

赤塚真人は妻との正式な離婚後、当時小学3年生だった娘と5歳の息子を引き取りました。子供のために母親がクラス茨城に引っ越すと、それ以来、長期ロケは断るなど仕事をセーブしながら、子育て中心の生活を送るようになったといいます。

 

 

 

俳優業だけでは食べていけず、和食店で働いたこともありました。そのため、料理の腕には自信があり、

「一度も店屋物を頼んだことはなく、子供たちには365日、違うメニューを作って食べさせた。たまに外食しても、子供たちはお父さんの料理のほうがうまい、っていってましたよ」

と語っています。

 

 

 

しかし、息子が思春期に入った頃から、赤塚真人と息子の関係がうまくいかなくなりました。

赤塚真人の息子は、小学校5年生の頃から万引きや暴力事件を起こし、高校を退学後は暴走族に入っていた時期もありました。警察に呼び出されることも頻繁にあったそうです。

 

 

 

そのような状況が変わったのが、息子の交通事故でした。息子が20歳のとき、オートバイのチェーンに巻き込まれ、指を2本切断する大怪我を負ったのです。

 

 

 

 

赤松真人は医者に「自分の指を切り取って息子につけてくれ」と頼み、毎日看病に通いました。そんな赤塚真人の姿を見たためか、事故後、息子の態度が次第に変わってきたといいます。赤塚真人は当時のことを振り返って、

 

「退院してしばらくしたら、『介護士の資格を取った』ってメールが来ましてね。今はつくばみらい市でぼくと一緒に暮らし、介護士2級の資格を取って、脳出血でからだが不自由になり特養ホームにいるぼくの母親、息子にとってのおばあちゃんの世話をしています。親が見捨てたら子供は終わり。諦めなくて本当によかったと思ってます」

と語っています。ちなみに、娘の方は、「香港でやりたいことをやってる」そうです。

(インタビューは全て、日刊ゲンダイ2012年3月19日より)

 

Pocket

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


モンドセレクション金賞受賞!女性らしい美ボディにることができるサプリメント!初回特典あり。


PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード