気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

映画『Steve Jobs』10月9日に全米で公開!Steve Jobsが指揮したオーケストラ-アップル社と消費者が興奮した軌跡!

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件ww

PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!
スポンサードリンク
Pocket

映画『Steve Jobs』公開


映画『Steve Jobs』は2015年10月9日全米にて公開。
上映時間122分。
日本での公開が待ち切れません。

 

 

『Steve Jobs』レビュー


2011年10月5日に逝去して尚、非凡なカリスマ性で知られるスティーブ・ジョブズ氏。

 

 

 

この映画の魅力は、主人公スティーブ・ジョブズのアップル社創立者の1人としての魅力と、iMac発売に至るクリエイティブな手腕。

 

 

 

また、スティーブ・ジョブズ氏の魅力に反響する周囲や集団を上手く表現している、バイオグラフィカルドラマです。

主人公スティーブ・ジョブズのセリフのない時にこそ、彼の心の内を知るかの様に、心を大きく揺すられます。

 

 

また、まるでスティーブ・ジョブズ氏と一体化する様な気持ちさえ、芽生えます。映像は見事に、バイオグラフィカルドラマとして、構想が練られています。

 

 

特に、主人公スティーブ・ジョブズ氏の目線を体感する感覚、遠近感やライティングが素晴らしいです。

また、背景も映像美重視に偏る事なく、人間ドラマが生きる仕組みがあります。

 

 

主人公スティーブ・ジョブズの名言が生まれた経験や思考。この映画『Steve Jobs』は、様々な出来事がうまく描き出されています。

 

 

image
◼︎スタッフ
監督・プロデューサー Danny Boyle
◼︎キャスト
•Steve Jobs役 Michael Fassbender
•Joanna Hoffman役 Kate Winslet
•Steve Wozniak役 Seth Rogen
•John Sculley役 Jeff Daniels
•Chrisann Brennan役 Katherine Waterston

 

 

 

image (100)

スティーブ・ジョブズのヒューマニティ


1960年代〜1970年代に身心の成長期をむかえた、主人公スティーブ・ジョブズ。

今回、劇中ではスティーブ・ジョブズ氏の、iMac発売へのビジネスの経営と、パーソナリティにまつわるエピソードが多く盛り込まれています。

 

 

 

主人公スティーブ・ジョブズは、カリスマ性やスピーチが有名ですが、本作では人柄を表すトピックも多く、激動の人生とアップル社の成長が奏でられています。

 

 

 

著作ウォルター・アイザックソンによる伝記本の発行により、コミュニケーションにおいて、ビシネス経営においても、もっと優れた人物とは言い難く、時折意地悪だったとされるスティーブ・ジョブズ氏

 

 

 

背景において、実祖父に実母がシリア留学生でムスリムであった実父との結婚を認められず、ジョブズ家の養子となった事。

また、養子に出て一年足らずで、実祖父の死後直ぐに、実父母は結婚し実妹が生まれたが離婚した事。その後、実父が実妹をすてたと感じていた事。

 

 

養父母は当時の米国で、共働きの家庭であったが、スティーブ・ジョブズ氏を大学へ通わす約束を果たし、愛情を注いだ事。

 

 

 

 

特に成長初期段階の生い立ちにより、コミュニケーションやリーダーシップや責任においては、秩序への欠落が指摘されている。

 

 

 

そんな、主人公スティーブ・ジョブズの高校時代から当時の恋人との間の娘、リサ嬢と過ごした時間がドラマティックに描かれています。

 

 

 

米国では著名人の生い立ちや他との違いを天才という言葉や、非凡とだけでは人は受け入れ難い社会背景が議論されています。

 

 

 

 

主人公スティーブ・ジョブズ氏もよく比較されるのが、ビル・ゲイツ氏です。裕福な家庭環境で育ち社会貢献に力を入れるビル・ゲイツ氏の姿より、『怒り』にも似たエネルギーこそスティーブ・ジョブズ氏の大衆人気だとも論じられています。

 

 

さて、皆さんはこの映画『Steve Jobs』ては、何に対して、感化されますでしょうか。

 

 

 

紛れもなく、スティーブ・ジョブズ氏はアップル製品ファンを獲得し、ヒット商品を生み出したクリエイティブと、カリスマ性あるスピーチの本人。

 

 

それでも、人はどんな人間だったのかと、人柄や生い立ちを掘り返し、自分達の経験で思考してゆく事に意味を見出すのかもしれません。

 

 

倫理・哲学学者ソクラテスの言葉を学び、またスティーブ・ジョブズ氏の言葉から多くの糧を見出そうとする周囲。

この映画を見終わった後、私達は何を考えるのか楽しみです。

 

 

スティーブ・ジョブズの名言スピーチの魅力


極端な比較を用い、現在の意義の確認。

言い換えれば、最良の選択や努力を常に行う様な緊張感の重要性。

 

 

 

・社内不和から1981年、マーケティング担当者解雇により、スティーブ・ジョブズ氏はマーケティング部門に優れた後任者を準備する必要に迫られる。

 

そんな時、ペプシコーラ事業担当社長だったジョン・スカリー氏への誘い文句がある。

 

 

“Do you want to spend the rest of your life selling sugared water, or do you want a chance to change the world? ” -Steve Jobs-

〜対訳〜
君は残りの人生、砂糖水の販売に費やしたいのかい?それとも世界をぬりかえる機会が欲しいのかい?

 
〜日本語風に要約する前に説明〜
今までのジョン・スカリー氏の功績を自他認める段階であったからこそ、スティーブ・ジョブズ氏のビジョンや引き抜きに魅力を感じたのに違いない。ポイントをついた切り出しです。

 

 

アップル社創始者の1人である、スティーブ・ジョブズ氏の言葉は、当時のビジネス・マーケティングにおいてビジョン、やりがい、全てにおいてのステータスで満点域だった。1983年、ジョン・スカリー氏はアップル社に
入社。

 

 

ペプシコーラとアップル社の設立には、当時約83年の違いを持つ。ビジネス・ビジョンを比較し、まさに1975年から当時、ペプシコーラが主力にしていた競合比較広告戦略、飲み比べ『ペプシチャレンジ』を思うと、大人のユーモアやアイロニックを踏まえた、スティーブ・ジョブズ氏の負けん気が垣間見られる。

 

 

image (99)

・デザインに関しての消費者へのアピール

トランスルーセントカラーやミニマムデザインで、世界の生産デザインをリードしてきたアップル社。特にインダストリアルデザインにおいて、トランスルーセントカラーアレンジは、今もなお、世界の電化製品生産などに影響している。

 

 

 

独特のスモキーグレーに始まり、既にアップル社製品は、アルミと黒や白のコンビが支流になっている。一般流通として家電メーカーは、今尚、選べるカラーレンジで消費者の個性に訴える方式が流通している。

 

 

近代建築においても、鉄骨や骨組みの持つ素の姿を覆い隠すのが設計デザインではなく、素材を生かし選択した理由さえ、そこにあるべきである流れや傾向。また、ジレンマは今の技術では、建築構造に鉄骨や木造、鉄筋コンクリート建築以外まだ出来ないという本質が潜んでいる。これが可能性の枠組み選択肢の限度か?新しい素材開発や発見が生まれるかはなぞである。

 

 

 

iMacのトランスルーセントは、ボディを半透明にして、フルーツや経験的情緒価値に左右される刺激的なネーミングがなされた。

一時、アップル製品はマウスやディスプレイさえ、金属プレートや構造の見えるものでした。

 

 

 

しかし今は、半透明なアウトラインさえ簡略化され、アルミ枠が採用されてている。

 

 

人体構造に基づき、使いやすさに必要な要素が導くのがアウトラインとするならば、素材は現時点、最良のものであるだけで良い。システムのシンプルさの魅力が箱に収まっているのではなく、使いやすいシステムこそアップル社製品の魅力です。

 

 

 

“Design is not just what it looks like and feels like. Design is how it works.” -Steve Jobs-

〜対訳〜
デザインとは単にそれが何に見えるとか感じるではない。デザインとはそれがどう動くかです。

 

 

 

〜日本語風に要約する前に説明〜
デザインの英語の意味はアピアランスと相互し動かす仕組みや構築を含む。

デザイナーが意図的に消費者の注意をひき、カッコよく見えるアピアランスをデザインとしている時代もあったかもしれないが、よりシンプルにあるべき姿でうまれる事に対して、人がそれ似た構築を行う事と捉える。

 

 

 

 

〜同様の有名なセリフ〜

Simple can be harder than complex. You have to work hard to get your thinking clean to make it simple. But it’s worth it in the end because once you get there, you can move mountains.”-Steve Jobs-

〜対訳〜
シンプルであるとは複雑であるより難解に違いない。あなたは懸命に思考を整理し、考えを構築しなくてはならない。しかしながら、その大変ながらシンプルにする事の先に一旦到達すれば、あなたは山々も動かせる、それだけの価値がそこにある。

 

 

◼︎類似品やコピー商品消費
アップル社製品の最大の魅力は、世界をリードし続けるデザイン。

私達の生活はどこまで快適にまた、問題が改善され希望が最優先されるのか楽しみです。

日本公開をお楽しみに。

Pocket

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


モンドセレクション金賞受賞!女性らしい美ボディにることができるサプリメント!初回特典あり。


PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード