気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

【画像】坂口健太郎「ヒロイン失格」出演で話題!性格や熱愛彼女は?

スポンサードリンク
Pocket

坂口健太郎出演、漫画原作映画「ヒロイン失格」


 

テレビのコマーシャルや映画館の予告を見て「お…。ちょっと面白そうな映画じゃん」と思ったら、また漫画原作だという。
私は38歳という年齢の割には漫画を読んでいる方だと思うのです。ただ、世の中の全ての漫画を読んでいるわけではありません。「別冊マーガレット」に載っている様な少女漫画だと尚更です。

 

 


漫画を映画にすることについては、いろいろと思うところもあるのですが、今回の様に全く読んでいない漫画「ヒロイン失格」が映画化されると、
それをキッカケに「ヒロイン失格」を知るという事もある。今回もまさにそれ。
まぁ、漫画の原作ファンの人は「映画版は全然違うんですよ。漫画「ヒロイン失格」はもっと面白いんですよ」と言われるでしょう。
ライターなんていう仕事をやっていると、こういう話題になった漫画は全てチェックするもので…。
早速…というか、甚だ遅ればせながら全刊読破しました!
私が「お、ちょっと面白そうじゃん」と思った、今度映画化される漫画作品とは…「ヒロイン失格」。
この「ヒロイン失格」の物語と「ヒロイン失格」に出演するイケメン俳優・坂口健太郎さんについて書いていきたいと思います。

 

 

坂口健太郎出演「ヒロイン失格」あらすじ


 

「ヒロイン失格」の原作は幸田もも子さん。集英社の「別冊マーガレット」で2010年4月~2013年4月号にかけて連載された、青春恋愛系漫画。
主人公の松崎はとりは、一途で清く正しく美しく…というよりはちょっと「腹黒く」しかもこれまでの恋愛漫画の「ヒロイン」では決してやらない
ような「変顔」を次々とする…「ヒロイン失格」と言われても仕方ないような女子高生。
幼馴染でカッコいい寺坂利太に片想いをしていながらも、利太がクラスでも地味なメガネ女子の安達未帆と付き合い始めたのを見て大ショック。
利太の「ヒロイン」は私と信じて疑わなかったのに…。
そんな時に現れた、同級生でバスケ部のエースでチャラい系の弘光康祐。利太の事を忘れる為にはとりは康祐と付き合うことに…。というあらすじ。
(いやいや、はしょりすぎだろ!という原作ファンの方すみません)

 

 

その他にもいろいろと紆余曲折とか、利太は小学生の時に母親が新しい彼氏を作って家を出ていってしまい、

捨てられるのが怖いから、本気で人を好きになるのを恐れている…という悲しい過去とかもあったり…といろいろとあるのですが…。
原作は単行本で10巻程なので「イッキ読み」するには、対して時間はかからないと思うのですが、全てを映画では描けない。
その辺りを映画版ではどうやってまとめて、一つの物語として成立してくれるのか見ものですね。
(あのエピソードは…削られるんだろうな、やっぱり)

 

 

イケメン坂口健太郎さんの話に行く前に…。


さて、そんな「ヒロイン失格」に出演する、イケメン俳優・坂口健太郎さんの話に行く前に…「ヒロイン失格」のヒロイン、はとり役は誰か!?
という事ですが…、はとり役は、桐谷美玲さん

 

 

キャストが発表された時「実年齢を考えると桐谷美玲さんの女子高生役って赤点を超えてもうZERO~♪じゃない?」
という声も聞こえてきましたが…。
「はとりの変顔をどこまで再現できるのか!?」とかが話題になってる様ですが、それはあくまでもおまけ。
「ヒロイン失格」のヒロイン、はとり役に求められる合格ラインはかなり高いと思うのですが…桐谷美玲さんの演技に注目しましょう。

 

 

坂口健太郎さんの性格や人柄は?


写真⑤

坂口健太郎さんについて!「ヒロイン失格」では、弘光康祐役を演じます。

 

 

プロフィールはこんな感じ。

○生年月日:1991年7月生まれ
○出身、東京 身長183cmのO型。
○「MEN’S NON-NO」専属モデル。2014年6月号で20年ぶりの単独表紙を飾り話題となった。
モデル活動の他、2015年公開の映画に立て続けに出演を果たす、今注目の若手俳優。
○出演作
「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」(2014年10月公開 瞬役)
「予告犯」(2015年6月公開  市川学役)
「海街diary」(2015年6月公開 藤井朋章役)
「ヒロイン失格(2015年9月公開 弘光康祐役)

 

2015年10月から始まるTBS系ドラマ「コウノドリ」で連続ドラマに初出演。

 

と、仕事はこれ異常ないくらいに順調の様です。
「お、この子、最近の映画でよく見るなぁ~クルんじゃない?」と思っていた頃には「もう既にキテいる」のが法則。
「ヒロイン失格」のキャスティング段階で「この役柄を演じられるのは坂口健太郎しかいない」と、「ハンサム★スーツ」「高校デビュー」
「貞子3D」など幅広いエンタメ映画作品を手がけてきた英勉(はなぶさつとむ)監督が抜擢したのも分かります。
坂口健太郎さんは女性たちの間では「塩顔男子」と言われてずいぶん前から注目されていたそうです。
私などは「しょうゆ顔」と「ソース顔」なら分かるけど…「塩顔」って何ぞや!?という事で調べてみたのですが…。

 

 

・一重か奥二重のシャープな目元が特徴。
・肌の色が白くて、全体的に色素が薄い感じ(色の白さからきてるんですね)
・髭があまり生えてない(ごま塩になっちゃいますからね)

 

…草食系男子とどこが違うの?というと…。
・一見見るとひ弱そうな印象なのに、のど仏や鎖骨がゴツゴツしている所に女性は「塩味」を感じるのだそうです。
表現はいろいろですが、カッコいい事は間違いなく、モデルさんという事もあり、SNSで公開している私服のセンスも中々いいとの評判。

 

 

 

それに演技力も評価されているというのだから…どこかに弱点ないのでしょうかと探してみたのですが…マスコミに対する受け答えもいい。
番宣で出た「しゃべくり」などでも一部の役者さんに見られる「はいはい、番宣・番宣」みたいな態度もまるでみられず、好感度も抜群でした。

写真⑥

こういうところが次々と映画のオファーが来る要因なのではないでしょうか。

 

 

「ヒロイン失格」では、バスケ部に所属するチャラい高校生を演じる坂口健太郎さん。
出身中学・高校は明星中学校・高等学校で、バレー部に所属していたのだそう。
チャラい人だったかどうかはさておき、モテただろうなーと思うのですが…自らの学園生活の思い出については、こう語っています。
「ドラマチックな思い出もなし(笑)。卒業式では、バレー部の後輩男子たちにフックごと破って持っていかれて、(学ランが)ボロボロになりました(笑)」
と、言ってますが、ホントかな?ホントだとしたら、坂口健太郎さんの通っていた学校の女子たちはずいぶん奥手な子が集まっていたのかな?
大学1年の時に「MEN’S NON-NO」のモデルオーディションを受けて芸能界入りするのだから、多少なりとも「俺、カッコいい」という自覚はあったはず。
どこの大学かという事については明らかになっておらず、本人からの「卒業しましたー」という報告的な事もなかったので、モデル活動が忙しくなって中退したとの噂です。

 

 

坂口健太郎の気になる熱愛彼女は?


 

そんな漫画から抜け出てきた様な「塩顔イケメン」に恋の噂が立たないはずはありません。
坂口健太郎さんには何でも6年間交際している彼女がいて、しかもその彼女が女優の菊池亜希子さん。だとか…。

写真⑦

 

 

そんな菊池亜希子さんとはもう既に別れていて、今は2016年に始まる次期NHKの連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン
波留(はる)さんと熱愛している。という噂も立っています。あれ?2人ともショートカットで顔の系統が似ている?

 

写真⑧

 

こういう噂に対して、菊池亜希子さんも坂口健太郎さんも「友人の1人」として男女交際を否定しています。
…まぁそうでしょう。放送する前にNHKの連続テレビ小説のヒロインが熱愛を認めるわけはありません。
放送終了後に認めた例があったので…そういうところも注目してみたいと思います。

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード