気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

秋に聞きたい曲!〜We wanna〜Song by Alexandra Stan&Inna

スポンサードリンク
Pocket

 

 

Alexandra StanとInna


 

夏っぽい曲ですが、まだまだ秋にも聞きたい、直感的に働く曲です!

ルーマニア出身の二人の女性ボーカルAlexandra StanとInnaのコントラストが映えます。

ラテンのリズムですが、ファッションは現代的なイメージで、ファッション広告の様です。

 

 

音楽は少しメランコリックであり、熱望する様な心の底から生まれた様な感覚とのミックスが気持ちいいです。

秋も、物思い気に、この曲でリズムを楽しめるはずです。

 

 

PVはAlexandra StanとINNAがダンス対決のソロの様に、強い個性をみせあいます。

少し、米国映画ウエストサイドストーリー、ハイスクールミュージカルや英国映画ストリートダンスみたいです。

 

 

Alexandra Stanのヒットソング


〜ヒット曲とレビュー〜
•Zoom Zoom

王道ラブソングです。
狂おしいほど好きな彼がいれば、共感でます。

また、アップリフティングな楽曲が好きな方好です。

アップビートに、愛をせがむ強い女性の歌です。

 

 

•1 Million(fear.Carlprit)

イチオシの楽曲です。
売れに売れた、Alexandra Stan。
特にPVは欧州では、かなりの注目を集めました。

 

 

セクシーなだけではなく、野心溢れる、Alexandra Stanのスタイルが存分に引き出されています。

母国語でないアーティストでありながら、コレだけピンポイントにヒットを飛ばせるプロモーション力が魅力的です。

 

 

どんな評価もミリオンヒットを飛ばせば、ただのクリティシズムややっかみです。

Alexandra Stanの身体は、想像をこえる強さや、女性としての挑戦がうかがえます。

 

 

•Cherry Pop(Sonic-E & Woolhouse Remix)

大好きです。

プロモーションのPVの、クオリティとつくりこみ加減の評価が高いです。

決して新しい発想のワケではありません。

 

 

しかし、斬新に感じるのはAlexandra Stan自身のパフォーマンス力。色彩のチョイスと、トレンドを上手にミックス。

フランス・ギャルを彷彿とさせる、センセーショナルなセックスアピールとスキャンダラスなイメージとゆっくりした音が良いです。

 

 

PVですが、場合によっては、YOUTUBEから内容確認が付く動画です。

 

 

•Give Me Your Everything

ファンタジーとヒップホップのティストがミックスされた感じです。

PVはおとぎ話や伝承イメージがあります。

 

 
•Dance

大変よく練られた、PVの構成には感化されます。

 

 

Alexandra Stanの身体も、うねる姿も、特に脚の上部が美しく、二本足で立っという概念を覆す出来上がりです。色彩も少し黄金色が意識され、エスニックティストや非現実的な要素を取り去っています。

 

 

ダンスを歌う女性シンガーは非常に多くいます。

踊り出したくなる気持ち。
踊りが得意でなくても、踊り出したくなる気持ち。

 

 

ディズニーなら、走り出して、鳥に話しかけ、ピルエットで踊り歌い出す!

高揚感を感じ始める瞬間!
そんな感じです。

 

 

 

 

•Kiss Me Goodbye

恋愛の哀愁や別れのエトセトラです。

 

 
英語圏出身ではないAlexandra Stanの歌詞からは、強い気持ちを表現する言葉が多くあります。

 

 

〜ブラック エンド ホワイト〜

印刷された、出版物や教科書の様にはうまくゆかないこと。

女性らしい憤りは、上下逆さまにしてでも、物を投げても恐怖や苛立ちに立ち向かえず、逃げたり目を閉じたりしてしまいます。

 

 

歌詞に気持ちがのるのらないはありますが、特に、恋の終わりや自己啓発的な感性は、賛否両論です。
何と無く、スイッチ入れ替えを出来る曲です。

 

 

 

 
•Lollipop(Param Pan Pam)

セックスアピール強めです。
まだ大学生時代の楽曲であり。
Alexandra Stanの顔もまだ丸い感じです。

 

 

PVの視聴回数や楽曲が話題になりました。

ハスキーでエキゾチックなアクセントがあるAlexandra Stan。

何だか、唇を舐める仕草も挑発的で、瞼の閉じ加減と時間も計算的です。

 

 
歌詞はあまり人間味のあるドラマ性ではなく、女子の男性に会話をさせない困った子振りを披露。

 

 

•Lemonade
イタリアンママみたいな感じのPVです。

レモネードの思い出は、人によってかなり違うかもしれませんが、確実なのは、暑い日、火照った体に染み渡る感じがします。

 

 

水事情が悪い土地、息づく人々。

ポップな曲ではありませんが、メランコリーリックに恋する曲です。

 

 

•Back to light

歌唱力の高いAlexandra Stanのスタイルは、ドライブしながら聞きたくなります。

リアルにスピードを感じながら楽しみたいです。

新しい試みを感じます。

 

Innaのヒットソング


〜ヒット曲とレビュー〜

•Bop Bop(feat. Eric Turner)

実に見事なフューチャリングです。
映像の女性の美を影やロングディスタンスで想像力をかきたてます。

Innaの魅力やエキゾチックな雰囲気が生きています。

 

 

小柄なInnaの衣装やメイクのチョイスも絶妙です。

ビーチ風なのはエメラルドがかったブルーグリーンの壁のみ。

 

 

 

 

スウェーデンで教壇を踏んでいたという、アメリカン人シンガー・Eric Turnner。

オルタナティブ ミュージックが得意とされるEric Turnnerですが、昔ながらの女性を魅惑的に見せる手腕のオンパレードが見事に現代感にミックスされています。

 

 

電光の光と影は人工美とも言えますが、現代的にも美しいビジュアルイメージにまとまっています。

ノイズ音やファジーな感じが何処かノスタルジックな感じがしなが、若い女性を閉じ込めコントロールする、男性の欲望が微妙やコントラストをつけています。

 

 

•Good time(feat. Pitbull)

高音が凄く良いです。
思わず、口ずさんでしまいます。

女性のバックグラウンド関係無しに、楽しめる曲です。

 

 

 

とにかく楽しみたい!

そんな気分に盛り上がる、女子が好きな曲です。

 

 

PVでは、女性のセクシャリティーや魅力を使い方一儲けを企む雰囲気と、Innaの目元の美しさがひきだされています。

 

 

モデルやダンサーが上手くて、逆にInnaの歌が生き生きとしています。

やはり、Innaの魅力は高音域の発声の安定感にあります。

ポップで、楽しめる曲です。

知的にコントロールして、Innaがアイコニックにパフォーマンスしています。

 

•Hot

Innaを一躍スターダムに押し上げた一曲。

高音のフレーズが多くて、女性がテーマです。

 

 

思わずリピートしてしまう、リズムが独創的です。

コンテンポラリー色も強く、時代を感じさせる音が懐かしいです。

 

 
•Sun is Up

Innaの高音域の声と、リズムが良い曲です。

解放的な気分になる良い曲です。

 

 

•Amazing
エスニックな音と、懐かしいエレクトロのリズムが気持ち良い曲です。
•India
ゆったりした、グルーヴ感ある曲。
個性的な声と、安定感ある高音が気持ちよく、屋外でBBQやドライブに持ってゆきたい曲です。

 

 

Alexandra StanもINNAもビーチ出身。

身体にかかる潮風や匂いを知る二人Alexandra StanとINNAから、ビーチの楽しみを感じ取って楽しみましょう!

ビーチといえば、焼ける様な暑さや砂浜の熱さ。

 

 

 

また、日が落ちると急に涼しくなり、海は闇に溶け込み、怖いくらいです。

この記事が気に入ったら
いいね!してください♪

Twitter で
Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード