気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

英国俳優による、伝説的ホラームービー「ヴィクター・フランケンシュタイン」

スポンサードリンク
Pocket

 

「ヴィクター・フランケンシュタイン」公開


2015年11月25日から始まります。日本公開予定は、未定です。

 

「ヴィクター・フランケンシュタイン」レビュー


 


身も凍る、悪徳の博士、中でも、元祖マッドサイエンティストの異名を持つ、フランケンシュタインが有名です。

イギリスで1818年に発表されてから、既に200年近くになる小説の主人公です。人間のモラル、医学や科学の可能性の中、人徳が比較されます。

 

 

古代、中世には蘇生術は魔術や悪魔の様な所業として繰り返されていました。同じく、火あぶりも盛んでした。

医療への理解が不完全な時代には、突然死や病気での他界が多くありました。英国では、100年ほど前にやっと流行病や伝染病などに対応できる、近代医療が確立してきました。

 

 

現在では、再生医療が注目を集めています。当時は何より、医学がまだ可能性への挑戦とまで至らず、生と死の狭間で、人体は謎に包まれたままでした。

 

 
そんな中、フランケンシュタインと助手が取り行なう実験や研究は、世間から不衛生かつ不道徳な行いとして、警戒され敬遠されています。漂う死臭の中、実験に失敗知る度にまた、破棄される残骸の様子。

 

 
当たり前です。現在でも蘇生術などあれば、戦争での兵器利用や強制。また、葬儀屋ではなく、蘇生紹介所が営業を開始する事でしょう。

 

 
人間が神の領域に踏み込んだ時、人は何を望み、何をみるのでしょうか?

 

 
母親や父親、兄弟姉妹の暖かさや、匂いへの記憶の形態は様変わりするの事でしょう。

イゴールが子供を抱く姿や横顔、笑顔なども上手く表現されています。

人間を創り出すのは、人の誕生日の喜びを知る男性。何とも、虚ろな人間の心情が隠されています。

 

 

 

 
また、人が考える狂気の研究をすると決まって、狂人と化すと捉えるのが人情です。

 

 


愛する人をなくした悲しみ。

我が子の誕生日。

残念な病死。

老衰死。

孫の誕生。

仕事の成功。

憎悪や裏切り。

 

 

 
フランケンシュタイン自身が、人々の日常と逸脱した存在であり、彼から生まれたモンスターは醜さゆえ行き場をなくしながら、愛をこう。

愛されたい欲求を持つ人間の心情が現れているのが、モンスター。逆に科学の力で野望に燃えるフランケンシュタインもまた、苦悩します。

興味は、脳髄や神経系系統の働き。そして、人間自体を創り上げてしまいます。

 

 

 

 
当時、姿の醜悪とモラルには人々を魅力する、素朴な考えが根付いていた様子。美しい許嫁への興味より、研究への意志が強くなります。1人の男性としての喜びは、研究の成果を前に崩れてゆくのです。

 

 

おとぎ話では、醜い姿になれば女性から愛されないゆえ、悪行への対応として、魔法で王子が姿を変えられる話が幾つかあります。しかし、愛だけが魔法より強く、何も勝る事が無い。

 

 

逆に、死産や先天性の病気を持ち生まれてきた子供を伏せたり、捨ててしまっていた傾向も見受けられます。

映画では、イナズマや叫び声、引きつった形相などが、人々を楽しませます。また、夜の闇、人の心の闇も、どっぷりと作品の世界観に引き込んでゆきます。

 

 

人体実験により、破壊される細胞を思うと、寒気と嫌悪を感じる事でしょう。近年、動物実験にさえ、人間の傲慢な振る舞いとして、行わいません。

しかし、人々はこのゾクゾク感が好きなんです。

人々は、噂します。彼らは一体何をしているのか?人から人へ噂が伝わります。

あなたは誰に何を伝えたくなるでしょうか?

 

当時のイギリスで人々が望んだスリル


 

雷やイナズマ。古代ギリシャ時代から、琥珀(elektron)をこすれば静電が発生する事が発見されており、琥珀の様が、elctricityの語源です。古代ギリシャでは川など電気を発する魚に触れせて、頭痛や痛風を癒す療法が行われていました。

 

 

16世紀、イギリスの医者、物理学者、自然哲学者ウィリアム・ギルバートが有名である。医師である他、研究熱心であり、電気工学や電気と磁気ね父と呼ばれている。また、電気(electricity)と言う言葉を作った。

 

 

17世紀、イングランドの著作家、サー・トマス・ブラウンは、医学、宗教、科学、秘教など様々な知識に基づいた著作で名高い。また、独特な豊かな散文が特徴です。知識は力なりの名言を残す、フランシス・ベーコンの自然史研究に影響をうけており、著者でいち早くelectricityと使っている。

 

 

 
18世紀、イタリアの医師、物理学者ルイージ・ガルヴァーニは、死んだ蛙に電気花火を当てると、筋肉が動く事を発見。生体電気研究を今日まで導き、神経系の電気パターンや信号の研究の発展を見出した。また、フランケン・シュタインの着想に影響を与えたとみられています。

 

人気俳優の起用


ジェームズ・マカヴォイとダニエル・ラドクリフが好演。脇役ではないイゴールを、英国俳優ダニエル・ラドクリフが演じます。
ハリーポッターで人気の俳優ダニエル・ラドクリフが、イゴールとは、見どころ満載です。

たくさんの映画で、イゴールのイメージは執事や助手によく使われていますが、若きイゴールの活躍が期待できます。

 

 

 

「ヴィクター・フランケンシュタイン」見所


 

人間の心が作り出す悪夢。演技派俳優のダブル主演により、若さと野望がぶつかり合います。

 

 
アクションではなく、人間の心情が絡む、フランケンシュタインです。今までに幾多の映画やドラマ化がされてきたストーリーです。

 

 
人間の目指す先にあるのが、人間の様なものを創り出す事なら、闇が覆う様な情景が似合うはずですが、真意はいかに。

 

 

 
夢ある若者二人が、世間を騒がす様になる経緯が楽しみです。

 

映画ヴィクター・フランケンシュタイン


 

科学者ヴィクター・フランケンシュタインの優れた助手イゴールは、フランケンシュタインの研究を助けることも、狂気の淵から救う事もできるはずです。

ヴィクター・フランケンシュタインとイゴールの異様な研究が進んでゆきます。

 

 

取り憑かれた様なフランケンシュタインの実験は、恐ろしい、醜い姿のモンスターを創作する結果となります。

創造主を追うモンスター。

 

 

また、モンスターも心と知性が成長してゆきます。

研究の情熱とはなんだったのか?

 

 

人間の様なものを生み出す事が、フランケンシュタインの生き甲斐となるまでの、心の変化。正に好奇心に、心躍る中、動物の死骸から始まり、実際は人体へと移行してゆく。

段階を経て、突き詰めてゆく研究や発明だが、人を動かす脳の役割、理性との戦いが始まります。

 

 

映画「ヴィクター・フランケンシュタイン」原作の背景


 

映画ベクター・フランケンシュタインは、メアリー・シェリー原作に基づいて構成されています。

 

メアリー・シェリーとは?

・イギリスの女性作家

・革新的自由主義者主義の父
ウィリアム・ゴドウィン

・女性解放の創始者メアリー・ウルストンクラフトが実母

・母は出産後数日で他界し、継母に育てられる

・イートン校で、学僕になりたくなく反抗し、気違いの異名をとる、詩人パーシー・ビッシュ・シェリーと結婚

・ロマン主義の夫と同じく、ヴィクター・フランケンシュタインもロマン主義小説ともされてるが、科学技術が含まれ、SF小説の母ともされる

・詩人シェリーとスイスの湖畔で、詩人6第目バイロン男爵と、皆でお化け話をひとつ書こうと!旅先の出来ごとがきっかけ

 
彼女の小説家としての意欲的な活動は、夫の死後、子育てや困窮から脱げ出す手段ともされています。

しかし、無神論者の父の元に通う、詩人シェリーと出会い、妻帯者子持のシェリーとの仲、伴侶となる事を父に反対され家出し、幸せ絶頂期にスイスへ向かった先で、このフランケンシュタインが生まれたのです。

 

 
フランケンシュタインの母である、原作の魅力も楽しみです。

 

 

 

 

ナポレオン戦争の足跡をこえて


 

作者メアリーとシェリーの駆け落ちは、イギリスからフランスを抜けて、詩人バイロンをたよりに向かった。

当時フランスは、戦争の傷跡を深く残していた。

 

 

 

この時、スイスの湖畔で生まれたのは、フランケンシュタインだけではありません。

詩人バイロンの主治医ポリドリは、お化け話を書くのに加わり、この時が吸血鬼の着想となった。

 

 
医学と科学。

戦争と愛。

現代に残る名作が2つ、生まれた。

乞うご期待下さい。

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード