気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

ディズニープリンセスと歌って踊ろう!ミュージカル!

スポンサードリンク
Pocket

ミュージカルが大流行り


 

ここ数年、ミュージカルブームが続いています。巷では、沢山のミュージカル映画が放映されています。

 

 
とにかく今回ご紹介の動画は、大変面白いのです。

ひねくれ女子でないのです。

面白いのです。

みなさんディズニーに対する、夢や思い 入れが有る事でしょう。

 

しかし、メガネ女子のタッグは最強なんです。

目を細め、相手を真っ直ぐ見つめるプリンセス達。愛・夢・希望・ダンス。女性にとって、恋に落ちるのは、ダンスで心から見つめあい、思いやったり、生涯の伴侶である決定する瞬間は、如何なる場合も、女子にとっては絶対価値があるのです。

 

 

 

古典・コンテンポラリー・コメディ


 

単純にミュージカルといっても、色々あります。ほとんどの場合、ニューヨークやロンドンで開催されています。オペレッタ・オペラ・スクールミュージカルがあります。

 

 

また、ロックミュージカルも盛んです。

この動画は、コメディとコンテンポラリーの間です。

本当に、笑いがこみ上げるのです。

 

 

ちょっと意地悪な感じ


 

ディズニーのキャラクターに扮した、女子達が衣装をまとい、街中で話しかける様に歌いまくります。

動画最後には、準備段階も観れて、パフォーマンスの本質が覗けます。

 

 

◼︎プリンセスはHIPSTER?!
ベルは、映画なんかより本が良いなんて言い出します。

シンデレラは、皮肉屋さん。文句を隠してるそうです。

白雪姫はちょっとお澄まし。Twitterやヘッドホンを利用する、現代っ子になって本質を語り始めます。

アリエルは、現代的なオーガニック志向。野生的かつ恐れを知らない。

 

 
プリンセス達は元々、皮肉屋さんや気が弱い、臆病すぎる資質があります。また、現状に満足出来ず、別の世界を覗き見したり、森の動物や家畜だけが親友という孤独を抱えています。

内なる人間の欲望というより、作者が知る事、その時代のトレンドが見つけられそうです。

 

 

 

パフォーマンス


 

シリーズが色々あります。

特に、Twitterのシナリオはオススメです。

 

 

 

SNSは、最近シアター系やインディーズミュージシャンの活動の場としてオープンなスペースとなっています。

 

 

 

パフォーマンスの機会が広がり、若いクリエイターやパフォーマーが賑わいを見せています。

 

 

◼︎ベル
聡明で自由な考えであり、本を好み、独り言が多く、男性に興味が無い女の子。少し頑固だと求婚者達から思われています。

 

 

古典童話では女性の良縁は、家の富や家名の力、身分と比例します。求婚者が欲していたのは、力のある商人であったベルの父への影響力や、ベルを得ようとする若い男性のギャンブル心や戦いでの勲章の様なものでした。

 

 

相手が誰だろうと臆する事なく、考えを伝える事ができる女性です。あまり、古典的見解より、アドベンチャーを求めています。一方、正義と悪の戦いの行方に興味があり良識の存在を求めています。本が好きだが、商売や科学、発明には興味が無い事には、この時代を考えても、不思議極まりありません。

 

 

 

ベルに求められたのは、野獣を愛せる良識。彼を見つける事で、愛を捧げられる強さや、思い切りにつながります。人が、異形を恐れるのは、踏みとどまるに至る、恐怖や醜悪や野蛮に対する嫌悪が存在します。

 

 

 

契約やマナーが存在する当時のフランスだからこそ、野獣というキャラクターは、財を略奪しようとする輩や、身分を超えた見解と良識。人間の在らぬ姿は、最良を選択できる良識だと感じさせられます。

 

 

 
◼︎シンデレラ
毎日、継母と義理のお姉さんに、意地悪をされて、家事を押し付けられていますが、気立てが良い女性。いつか、幸せに慣れると信じ、決して屈せず、責任感の強い女性です。

 

 

 

国中の娘達が招待された舞踏会への参加意思を持ち、毅然として資格を主張します。

子供頃から飼っている家畜だけが、友達です。

 

 

 

古典的な童話では、美しい娘が、ボロを着せられたりと、苦労をします。また終盤では、結婚を機に富を再び得る事がセオリーです。

シンデレラは、継母達に財産を食いつぶされ、またなかなか良縁を得ら姉達の世話の毎日。継母は次のパトロンとでもいえる、良縁を欲していながら、シンデレラに辛く当たる日々。しかし、舞踏会というチャンスがやってきます。

 

 

 

意地悪になっても、財産を作る商売や発明には向かないからこそ、家事より上を目指し、ただ遊んで暮らす日々を選ぶ事。何と呼ぶのでしょうか?

家事で毎日あくせく働いていた聡明なシンデレラは、王子に出会い、王子に寄り添い、国を豊かに導く手助けをしたに違いありません。

 

 

 

◼︎白雪姫

妃が心に描いた通り、美しい雪の様に白い肌、雪に落ちた血の様な唇と頬。そして、窓辺の黒檀枠の様な黒い髪に生まれ、7歳には大人顔負けに美しく育ちます。

 

 

継母は、美貌を自慢しており、義理娘の美しさに我慢出来ず、彼女の死を持ってしか安堵を得られません。

 

 

猟師に姫を森で殺すよう、言いつけますが、猟師は手を姫の血で汚したくなく、森で永くは生きられまいと、狂言をおこします。

美しい姫の死に安らぎを感じる王妃。

 

 

 

森で迷った姫は、小屋を見つけ、そこに住む7人の小人の家事を手伝う条件に、家においてもらいます。

しかし、継母に生きていることが見つかり、何も気付かない白雪姫は、毒リンゴをかじり、息が止まってしまうのです。

 

 

 

誰からも好かれ、人の心に寄り添える白雪姫。

眠りについても、死んでなお美しく、ガラスの棺に安置されます。

通りがかった近隣国の王子の愛を受け、喉に詰まったリンゴを吐き出します。

 

 

 

その後、継母は宴席で真っ赤に熱した鉄の靴をはかされ、死ぬまで踊る様に殺されます。

 

 

余談…
しかし、研究の中、真冬の実母の不自然な行動から、呪文を唱えたらしい事。

また、塩茹での臓器を食べた記述から、継母は魔女ではなかったらしい事。

王子は姫の心を得ていますが、仮死状態とも知らなかった為、死体性愛者と見られる事も有ります。

ドイツの森の恐ろしさ、文学的見解から、呪術の浸透と脅威が今も文化的に、当時文化の名残りがみえます。

魔術やスーパーナチュラルパワーとは、決して脅威だけではなく持つ人の資質が影響します。

 

 

 

◼︎アリエル
波打つ赤毛に、エメラルドグリーンの尾。紫の胸当てが特徴。美しい容貌と声の持ち主。海の世界の王、トリトンの末娘であす。

明るく、地上の世界に興味が有り、好奇心旺盛である。他人を恐れず、固定概念や常識にとらわれない、柔軟な発想で生きています。

 

 
大切されており、父が統治する安全な海の世界から抜け出したい願望があります。

古典的人気姫では、愛の為に、人魚として生きるより、人間となる事を選びます。姉の姫達は末娘を助ける為、生まれ持った美しい髪や鱗やらと、容姿と引き換えにするという取引を行います。

 

 

人魚と人間、船乗り達が難破を恐れていた事が伺える描写です。

最後がハッピーエンディングなのが、ディズニーのファンタジーの世界です。

 

 

時代により今の女性の変化をアピール


 

最近の女性は、昔ほど単純明快にプリンスの存在を待っているには、教育が行届き、国自体が女性の労働と納税無しには動きません。また、危険に海や境界を飛び越えなくても、スマフォで情報収集が盛んです。

 

 
また、キャリア・出産・アスリートとして、活躍、世界位記録に挑戦する冒険家が誕生している現代。力や体力でも、女性達は挑戦しつづけています。

生き方に活躍の場所を求める今の女性の願望は、恋愛を楽しみます。

 

 

 

近年、ニューヨークなどでは、デートアプリが流行し、週末には女性達が携帯片手に、デートを楽しむ風景め見られました。シングルもパートナーがいても、煩わしくない範囲で女子はデートを楽しみたいと感じているのが分かりました。

 

 

 

まばたきの検証


 

ディズニーキャラの姫になり切った女子達の特徴は、何と言っても、まばたきが大げさなんです。わざわざベラドンナの点眼で瞳孔を開いて美しく見せるイタリア文化の名困りでしょうか?

 

 

 

女の子って何で恋をすると、まばたきが増えるイメージなんでしょうか?真っ直ぐさの象徴なんでしょうか。

しかし、ついつい大げさをに可愛く無邪気を装う時、冗談で女子がよく見せる仕草です。

 

 

 

女性が重要視するユニークとは?


 

女の子なら、誰もが特別と思う事って当たり前ですよね。言葉や体面では、何とでも言えます。『別に!』とか、『高望みしない!』なんて、ありがちですよね。

 

 

そもそも、野心と真実の愛を分けたいのが女子なんでしょうか?男性は、古典的に女性に対して、勝者の勲章の様に感じる事に戸惑いはありません。

 

 

しかし、女性は求婚者を排除し、夢や希望に胸を膨らませ、心から愛する喜びを、いつか相手に伝えたいと、思う性があります。

 

 

 

ユニークとは、あたかも自分から愛される男性は幸せであると、疑わない気持ちや資質にあるのです。

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード