気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

赤いドレスの女。その女、ドレスメーカ!THE DRESSMAKER

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


【男正直すぎw】元カレに『ちっぱい』をバカにされた私が、『ある方法』でたった2ヶ月でA→Dになったらモテキ到来した件ww

PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!
スポンサードリンク
Pocket

 

 

THE DRESSMAKER公開


 

2015年9月14日に、Toronto International Film Festivalにて、プレミア上映。2015年10月29日に公開。
日本での公開は未定。日本での配信が楽しみです。

THE DRESSMAKERレビュー


 

演技力のあるKate Winsletが主演をつとめます。相手役はハンガーゲームで若者に人気の、オーストラリア人俳優Liam Hemsworthです。

なんとも、騒動だらけの人間模様が満載です。噂ややっかみ。小さな町の出来事です。殺人という過酷な罪の容疑から始まり、人々が閉塞的な中で起こす、恐ろしさや孤独があります。

 

美しい大地と、華やかな衣装が人々を楽しませてくれます。信頼を得るとはどの様な事なのか。冷ややかな目に、女性が耐え忍ぶ時代。悔しさ、生きてきた自信と失墜。母との再会により、主人公が時間を取り戻してゆきます。

 

 

 

映画を見て感動、共感するのは、主人公の女性がゴシップにより、人が口にする言葉、若さゆえの痛み、悔しさ、恐怖に身を震わす姿です。女性なら、身を切り刻まれる痛みに、身を固めても鎧のない身体で、立ってることも必死な時はある事でしょう。Kate Winsletの柔らかなボディライン、頬や唇、横顔さえも丸みを帯びており、弱さがうまく表現されているシーンが素晴らしいです。

 

 

 

泣きながら顎を引く角度は、息を殺し、叫びだしそうな悲鳴をおさえています。また、手を握りしめる位置や表現力なと、映画の構成が素晴らしく、大変美しいです。

 

 

 

女性の肩のラインの美、ウエストマーク。生まれながらに女性が持つ、個性や存在感が際立ち、音楽の様なハーモニーが生まれてゆきます。思想や共感が生まれ、ムーブメントとなってゆきます。コミュニティでの考えや感覚の強い色合いが、相対的に各々を強調する事で、個性が声をあげはじめるのです。
オーストラリアの広い大地にある、小さな町の出来事。外界との接触により、エネルギーが加速してゆきます。また、こういった場合こそ、男性が魅力の極みを見せてゆきます。フットボールで戦う男性の姿は、人々を感化し、女性には情熱が芽生えます。

 

 

 

美しく、健気。人を愛する事で生まれる、弱さや葛藤。あなたの心に響くのは何でしょうか?

 

 

 

人間の日々には幾つかの要因となる節目や、出来事があります。毎日に生きる喜びや強さ、病魔との戦いなどがあります。人間模様は騒動となり、あなたの毎日に変化をもたらすかもしれません。

 

 

 

人を信じて、願い通りに成長する勇気がいっぱいの映画です。

 

THE DRESSMAKERキャストとキャラクター


•Kate Winslet – Myrtle “Tilly” Dunnage役

ヨーロッパでドレスメーキングを学び帰郷。町中で、彼女が戻ったと噂をたてられます。彼女が、故郷を去った時から始まる、彼女の生き方と意地や挑戦。故郷に戻る事で、彼女にも変化が生まれてゆきます。主人公の心を和ませるのは何か?母との会話で生まれる、成長が見どころです。
•Judy Davis – Molly Dunnage役

Tillyの母親である。精神的に不安定であり、周囲からMad Mollyと呼ばれている。娘を愛しながら、離れ離れに生きてきた彼女なりの強さが有ります。見事な演技力で、周囲の中でも存在感があります。

 

 

 

•Liam Hemsworth Teddy McSwiney

Tillyの恋の興味の対処。町一番のフットボールのスター選手。ティーン映画とは違う俳優としての魅力で、主人公の情熱を感化してゆきます。
•Hugo Weaving – Sergeant Horatio Farrat役

町で唯一の警察官である。実は隠れた秘密がある。確かな演技力で、ドレスを違った角度からクローズアップしています。

 

大人のラブストーリーを含んだドラマ


 

舞台は1950年代、オーストラリア。都会的な女性が、故郷へ戻り、周りを感化してゆきます。殺人事件の後、幼くして外へ移り住み、母の看病の為、戻ってきました。

 

 

変化の少ない内陸部。洗練された女性がドレスメーカーとして、周りを刺激してゆきます。

 

 

 

美しい、色とりどりの布と立体的な曲線。美しい装飾。大衆が、ブルジョワ階級の為のメゾンの技術やクリエイティビィティが、人々に受け入れられてゆきます。

 

 

 

女性の美しさ、男性魅力、愛すべき仕事。愛の行方を楽しんで下さい。

 

 

ゴシックノベルが原作


テーマは、リベンジ、愛とクリエイティビィティです。

 

 

女性が洗練される事で、見違えたり、周りを刺激するのは、今では古臭く感じますが、時代により女性が自由になってきた証拠です。しかし、オーストラリアの荒野に有る、小さな町。人間模様が魅力的です。

 

 

 

ファッションが大衆のニーズを見つけ出す時代。実は人こそが主役であり、個性が輝き始めた時代です。魅力的な町の人々に、自身の姿を見つける事ができるでしょうか?

 

ファッションの変化


◼︎1950年代
ニュールックとして、クリスチャン・ディオールによる、肩幅がせまいジャケットと台形の若々しいスカートを発表される。また、男性デザイナーが女性の為、機能性を重視したデザインが流行となる。
◼︎1960年代前半
カラーテレビ誕生により、技術革新が進む中、素材の進化と活用、鮮やかな色彩やジオメトリーによる強烈なインパクトが世の人を楽しませる。
◼︎1960年代後半
1968年、フランスでは五月革命が起こる。立ち上がった大衆を見たバレンシアガは、もう特権階級に向けたオートクチュールはおしまいだ!とメゾンの店を閉めた。
◼︎スモーキングジャケット
イブ・サン・ローランが1960年代に、女性にタキシード型の上着をデザインし、女性の美しさの主張が大きく姿を変え始めた。

 

 

 

◼︎1970年代

日本人がオートクチュールやファッションに参入し、世界が東洋美や民族服に着目、色や柄合わせの面白さを見出した。半ばには、再びコンサバティブな服が再流行しました。高級メゾンの変化が起こり、巷で人気となりました。その頃、ロンドンでは不況にあえぐ中、パンクファッションが誕生しました。
◼︎1980年代
音楽とミックスした、カルチャーが強くなり、若者達が自由になってきました。あえてダメージを与えた加工や、色合いを化学的効果として利用するデザインが流行。

パワースーツが誕生。女性の肩のラインの美しさが見直された。
◼︎1990年代
グランジファッションの大流行。服が自在に組み合わさり、個人の感覚が服のフォルムをコントロールしはじめる。

 

 

 

◼︎2000年代
多様化、モード全開。デフォル、服自体が主役となり、着る人の個性とシンクロしてゆく選択が生まれた。

 

 

ファッションが人をリードする時代


60年代、選択肢や情報に感化されない内陸部の小さな町。デザイナーのクリエイティビティが生んだトレンドの躍動感や感動。彼らが時代に触れた時、自ずと自分の歩く道がはっきりと見えてくるものです。

 

 

完全なアウトラインやデザインは、人々を美しく浮かび上がらせます。夢の様に輝く、魔法の様な服。リアルな生き様と、最先端の服がそろって歩き始めるのです。

 

個性を持つと気づく事


 

個性は周りを感化し、抑圧を受ける事もあり、自己責任も明確に必要とされます。何を選ぶかは、個人の意思ですが、天賦の才能に恵まれたデザイナーのエネルギーは、場所を問わず人々を刺激します。

 

 

人々が意思により歩みを選択した瞬間から、奇跡の様な時が訪れ、パワーの中心となってゆきます。

情熱は誰からも発せられ、届けたい人に伝わってゆく。会話や人々の矛先、右往左往する姿や力が、新しい時代を導き始めるのです。

 

是非、まだ眠れる己の魅力を発見出来る、機会になればと思います。

Pocket

スポンサードリンク
PR: 有名女性ファッション誌にも多数掲載!!本当に出会えるサイトならイククルへ


モンドセレクション金賞受賞!女性らしい美ボディにることができるサプリメント!初回特典あり。


PR: 日本最大級の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイト!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード