気になった動画コンテンツや芸能情報をまとめております。

進化するロボット技術!米国アーミー発見のゴキブリの進歩を取り入れたロボット技術がまた、進化!

スポンサードリンク
Pocket

リアルな動きをするゴキブリのロボット!!


 

サイエンス系、ロボット技術の動画好きなんです。夢があります。

人間を模倣している動きが、妙に愛らしく、性格設定がある様な愛嬌も人気の一つではないでしょうか?

 

制作チームの彼等ロボットへの愛情が垣間見れます。今や踊るロボットや握手するロボットが誕生しています。個性豊かです。

この度のロボットはなんと、ゴキブリです。

 

狭い間をくぐり抜けられる殻や動きに注目し、研究が重ねられているのです。

米国軍事機関の発見した成果を、カルフォルニア大学 バークレー校の研究に取り入れられ、進められています。

気がつくと最後まで見入ってしまいます。
image (4)

ゴキブリ独特の動きに着目し、単調な動作の繰り返し、進化してゆく様は、非常に興味深い動画です。

技術の進歩を目指す姿勢、精密さや清潔感があります。テーマにもかかわらず、真剣に学習してゆくAIや技術に感動します。

 

 

最近話題のロボット「Papper」


 

ダウンロード

最近ではロボットといえば、Pepperなどが有名ではないでしょうか?特に日本人にっとって、家族同然、人間同様、感情を持つロボットの存在は、夢に描く未来として、根強いイメージがあります。

 

例えば、Pepperはデータをクラウド管理にて学習が進められる為、ネットワークでつながる他のPepper達の学習成果も持ちます。

日に日に進化している為、単体の低スペック低予算での販売、19万8千円で実現しています。家庭用ロボットの実現が、今既にあるのです。

 

日本人にデザインさせたら、ロボットもハローキィティ並に、大人気になるかもしれないと感じます。

鉄腕アトムだって、ドラえもんだって、昭和に入って人が夢見たのは未来です。

 

なぜ人は人間や生き物を模倣したロボットに価値を見出すのでしょうか?現在、多くの場面で商業ロボットはすでに活躍しています。危険な現場や精密な技術を必要とする作業過程で需要があります。

 

人間の技術革新は貪欲に黒い煙を吐き、多くの宇宙戦争を題材にした文学、映画、アニメが生まれました。

人が奪い合うのは富で有り、エネルギー、食品、空気、命などが表されます。今、家庭用ロボットと救援用ロボットに大きな予算が組まれているロボット産業は、これから競走が盛んになるのでしょうか?

 

正に家庭用と救援を担うロボットは米国のスターウォーズにもみられます。スターウォーズの人気は今も根強く、映画の最新シリーズが楽しみですが、映画を通して、ロボットの存在に愛着を持ったのはやはり、この映画だと言えます。

 

米国神学者、キャンベル論を軸に進む物語の中、変わらず主人公に接してきたC-3PO やR2-D2は、主人公の家族を慰める役割を果たしています。また、感情や、驕りを見せる、反面教師として描かれているから面白い。

 


子供の頃、誕生してきたロボットを初めて見た時の衝撃は今も覚えています。ちっとも可愛くもかっこよくも見えないのです。

ロボットが主役のアニメーションをたくさん見聞きしていると、後、現実社会では立体を造形する事さえ大変なのだと知る事となりました。

今の子供達は、Pepperの様にカバーやデザインが施されたロボットに、買い物の合間に会えるなんて、時代は進化しています。

 

 

だんだんと身近になってくるロボット技術


 

最近では、コンテンツマーケティングの手法は、インタラクティブに仮想空間でのコミュニケーションを主体とし、スマフォ端末などから登録したデータと発信者の合致点で、情報が交換されています。

人の好みに反応し、人を喜ばす役割を与えられる電子機器と情報が溢れています。

今はまだ、ロボットの末端にまで円滑に指令が行届き、滑らかに動く基礎は人間のそれにより近づける工夫の最中です。

スマフォ普及により、電気を主電力とした電子機器や機械はいよいよ私達の生活に入り込んできました。

 

ゴキブリの動きをモーフィングし、ロボット化したものの動きからまた結果集積を繰り返しながら進歩を目指します。

今後、危険な作業や災害現場と活躍が楽しみです。宇宙戦争では人類の敵が昆虫の話があります。

映画やアニメーションでさえ、外敵に対しては、既に知る何かに例えなければ未来の話も成立しない現状があります。

 

生物の動きから、ロボットを制作し、機械の性能を超え、進化した動きが生まれるのにはびっくりしながら、うなずいてしまいます。

生き物は生まれてきたからだからで生きながら学習し、進化してゆきます。

ロボットも動きがより滑らかになり、これから多岐にわたり新しく組み込まれる機能が生まれるんでしょうか?

image (5)

特に、ロボットの進化自体に知識や興味があるわけではないのですが、小さなセンサーでコントロールし、六本足にオーバル型の殻が付いただけで、生き残る可能性が生まれ、今のゴキブリが存在します。

今ある私達の存在も、生きる為に備わった人間味ある愛嬌ではなく、生き残る必然の備えです。

 

動物や人間の子供が愛苦しいのは、生きてゆく為、保護を貰う為であり、何ら驚きでも不思議ではない!

動画サイトで、生まれた弟が可愛過ぎて泣いてしまう女の子がいましたが、彼女も生きてゆくなか、愛情や関心を一新に浴びる自然な行動です。

子供達はよく生まれてきた弟や妹にキスして、周囲の顔をうかがいます。

また、彼等も周囲の大人同様、可愛彼等を保護する立場である事を自覚しています。

 

何度も繰り返し、細い隙間を通る為AIがゴキブリの進化同様に、新しい動きが生まれます。このAIの学習力には圧巻です。

 

私達が知るアニメーションでは、ロボットの命の元、体を動かす為のエネルギー補給方法などが特徴として性格設定とされていました。

実際、人間味とマンメイドとの比較や葛藤の繰り返しです。

 

最近CMで見かける、Dr.スランプアラレちゃんも、ロボットです。ロボビタンAをエネルギー源としています。今では車と競走どころか、スズキのイメージキャラクターとして駆り出されています。

 

機動戦士ガンダムのガンダムモデルスーツは、ミノフスキー・イヨネスコ型熱核融合炉が原動力です。

ドラえもんと鉄腕アトムは、何と同じく原子力エネルギーで、動いているんです。

新世紀エヴァンゲリオンの汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン初号機は電力がエネルギー源です。

ソフトバンクのpepperはリチウムイオン電池が内蔵されています。

 

実現可能なロボットのエネルギーは電力だったわけです。

クリーンな新エネルギーと結びつくビジネスがモデルになるのはまだまだ、先のようです。

被災地では、電力供給などライフラインの確保が難しい中、人はどうなるのでしょうか?

 

これからはまた電気を奪い合い、電気を自由に使える事が、富の象徴となるのでしょうか?

スマフォはこの先、どの様に進化するのか、家庭用ロボットとして身近にロボットが持てる様になるのは、恐々ですが楽しみでしかたありません。

 

ロボットは私達人間とは違い、腐る性質がある有機物でなく丈夫ですが、安定したエネルギー供給が必要です。

充電機能もあるでしょうが、常にフルパワーで動くにはエネルギー補給が必要なのがロボットです。

人間より丈夫であり、暗闇でも動作ができるロボットの真髄は、人間と交互に24時間フル稼働にて生産性を上げる目的型の大量生産にならない事を祈ります。

 

先日、6月5日、6日アメリカで被災地での救出活動として活躍が期待される救援ロボットをメインにロボットコンテストの祭典が、DARPA(ディフェンス・アドバイス・リサーチ・プロジェクト・エージェンシー、国防高等計画局)の予算で開催されました。

日本勢は1位の韓国、2位の米国から引き離され今回は10位の結果が、快挙日本チーム最高位でした。

以前は日本と言えば、精密なな作業やアームの細やかな動き、他日本が得意とする技術が今や世界のトップと差がついています。

どんな場面でも、技術や技巧を現実世界で行えなければ意味がありません。

しかし、存在理由と共に生まれた性質なら、安定した結果を毎回引き出せます。

正に、ゴミを吸い取り、機械内部に取り込む掃除機がわかりやすいと思います。

複雑化する要望に対して、プログラムする人間本意の観点から離れ、生き物の動きに進化を見つけた結論が今も注目されています。

 

実現化、生産販売だけにごだわらず、学問的観点からも学び、人類と共に進化するロボットの誕生はこれからも楽しみです。

 

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード

スポンサード